〜Relieving' Your Stress〜

人間関係の悩み、ブラック企業を抜け出す方法、孤独や生活などの日常の悩みを解消しましょう

会社を辞めるか続けるかいつまでも悩んでいると、辞めたいと思ったときにはもう辞め辛くなっている

f:id:slimwaistman:20190721121333j:plain

会社を辞めるか、続けるかを考えることってあると思います。

会社がブラック企業っぽかったり、

特に28、29歳ぐらいになってもうすぐ30歳になる、まだ20代の方が転職の幅は広い。そこで自分の将来を考えた時、このままでいいのか?

人が立て続けに辞めていく。この会社大丈夫かな

毎日夜11時ぐらいまで残業している

プライベートが全くない

会社の先のことを考えた時に、先が見えない。等の理由で。

 

「辞めようかな」と思った時点で、早く行動した方がいいです。

なぜなら「辞めた方がいいのか・続けた方がいいのか」と考えている間に次々と人が辞めていくからです。

人が辞めて行くことによって当然人手が足らなくなります。そして辞めた人の分の仕事が回ってきて残業が増えます。そうして頑張っている間にまた人が辞めます。

そしてまた仕事が増えて残業が増えます。

 

 

人は様々な理由で辞めていきます。

新入社員がすぐに辞めるのはもうわかっていることでしょうし、

ブラックだから辞める人もいます。

長時間労働で体を壊して辞める人もいます。

社員同士で揉めて辞める人もいます。

男女のトラブルで辞める人もいます。

「もうやってられない」って辞めて行く人もいます。

連絡なしに音信不通のまま辞める人もいます。

人間関係がいやで辞める人もいます。

 

これらは新人・中堅・ベテラン関係なしにいろんな層の人がこのような理由でやめていきます。あなたが「辞めるべきか・続けるべきか」といつまでも考えている間に。

 

その結果、会社はかなりの人出不足で「辞めます」と言っても

「会社の状況わかってるのか」

「ただでさえ人手が足りないのに辞められたら困る」と絶対に言われます。

そしてこの会社で頑張っている人たちからすれば「逃げ」「裏切り」と思われます。

 

そして会社も人が辞め続ける状況をなんとかしないといけない。と考えるので外国人労働者を雇ったり、会社の体制を変えたりします。

そうしている間にもどんどん人は辞めて行くのですが。結局人数は増えません。

 

もうこれでは自分の仕事が増え続けるだけです。

いつまでたっても早く帰れませんし、毎週休日出勤しなければいけません。

これを繰り返していると体を壊します。

 

それでもまだ「辞めるか・続けるか」悩んでいると「辞めよう」って決めた時は、人手不足や会社の体制がもう辞められないような雰囲気になってしまっています。

 

その会社がブラック企業なら、もう逃げられません。

絶対に良くなることはないので、永久に超残業+休日出勤をしなければいけません。

そして精神と体が崩壊します。

 

ブラック企業だと「みんなしんどい中頑張っているんだ」「会社の状況をわかっているのか」「こんなことで会社を辞めるべきではない」「自分の要領が悪いのにそれで仕事が遅くなっているのに、しんどいから辞めますっていうのはおかしい」など

まるで「辞めるのが間違っている」みたいに思わせる言葉を言ってくるので、「辞めてはいけないんだ」と思い込んでしまいます。

もう洗脳されています。

 

 

そもそも

・立て続けに人が辞めていく

・長時間残業が当たり前

・若手がいない

・残業代がつかない

 

このような会社はすぐに辞めるべきだと思います。

辞めるか続けるか悩むことではないです。

頑張る意味が私にはわかりません。

会社はいくらでもあるのだから、ホワイト企業はあります。

数ある会社の中からなぜこの環境が悪い会社で頑張る必要があるのか?

なぜ苦しむ必要があるのか?

 

決断が早い人は、あとあと自分が苦しい思いをしなくていいように見切りをつけてさっさと辞めることができます。

 

環境が悪い職場でいつまでも頑張っていると、自分のプライベートが一切なくなるかもしれません。

常に人手不足の会社で毎日夜遅くまで残業、毎週休日出勤。

これに慣れてしまうともう終わりです。これが当たり前だと思ってしまいます。

 

人出は足りている、残業はほとんどない、休日出勤ってなに?

これが当たり前でこれが普通ですよ。

 

「誰だって辞めたいと思うときはある」

「最低3年は我慢しないと」

「辛くて辞めたいと思っていても続けていればやりがいや楽しさがわかってくるよ」 

 

これは「ホワイト企業」での話です。

 

「ブラック企業」ではそのような言葉は無視してもいいでしょう。

辞めたいと思ったらすぐに辞めましょう。後悔しないために。