〜Relieving' Your Stress〜

人間関係の悩み、ブラック企業を抜け出す方法、孤独や生活などの日常の悩みを解消しましょう

【上司の引き止め回避】情に訴えかけてくる5パターンの引き止め文句の切り抜け方

f:id:slimwaistman:20191016213738j:plain

勇気をもって上司に退職を申し出ますが、例えどんな理由であろうと引き止めをしてきます。

上司の引き止めには様々なパターンがあります。

脅してきたり、情に訴えかけてきたり、人がいないからダメだ!と言われたり。

そこで今回は上司に退職を申し出た際の

「情に訴えかけてくるパターン」

の引き止めを回避して退職をするための攻略法を話していきます。

 

情に訴えかけられると躊躇してしまいます。

「この会社で続けたほうがいいのかな?」と

 

情に訴えかけられて、退職を踏みとどまってしまわないようにしましょう。

退職の理由は様々だと思いますが辞めないと後悔すると思っているから辞めるはず。

 

上司の引き止めに押され

「辞めなくてよかった」

と思った時はそれは洗脳された時です。 

 

簡単です。

情に流されなければいいだけです。

でもみんな、なかなかこれができない。

 

では、これから情に訴えかけてくる上司の引き止め文句5パターンの攻略をしていきます。

 

 

 

1.「こんないい会社は他にないよ」

 

残業が多すぎてしんどかったり育児などの家庭との両立のために労働環境が問題で転職をしようと伝えた際によく言われる言葉です。

 

 

 「こんないい会社他にないよ」

「この会社で続けたほうがいいと思うよ」

と、いかにこの会社が他の会社より労働環境が優れているかを熱弁し、君の将来のためには絶対にこの会社で仕事を続けたほうがいいと言ってきます。

「君のため」

だとか、いかに自分のことを考えてアドバイスをしてくれているんだと思い気持ちが揺らいでしまいがちですが、

 

日本全国のすべての会社で働いてきたうえで

「こんないい会社は他にないよ」

と言ってるんですか?って話です。

 

どうせ片手で数えられるぐらいの会社しか知らないのでなんでそんなことが分かるのか?

こんな言葉に説得力はありません。

 

「他の会社はもっと厳しいぞ!」

「どこの会社も同じだぞ!」

 

こんなこと言われても当然説得力がありません。

 

これらのことを言われても聞き耳持たないでください。

 

 この会社にいると後悔すると思っているから辞めるはずなのであなたにとって

「いい会社」ではないので辞めて正解のはずです。

 

「私はこの会社で続けたほうがいいと思っていないので辞めます」

こう言って辞めましょう。

 

  

2.「お前に期待しているんだ」

 

 いかにこの会社に必要な人材なのかを訴えかけてきます。

「この会社に、上司に必要とされているんだ」

「お前が辞めたら会社が回らなくなるんだ」

とちょっと嬉しさもあるでしょうか?

 

自分が辞めると会社に大きく影響を及ぼすほどの人材なのか?!

って思ってしまいますよね。

自分が誰かに必要とされているという気持ちがつい退職を踏みとどまってしまいます。

 

この会社があなたに必要ないから辞めるんですよね?

 

 

恋愛に例えると

 

恋人と関係を終わりにしたかったら別れるでしょう?

説得されても別れるでしょう?

そして他に好きな人探すでしょう?

 

それと同じで会社も同じ対応をすればいいです。

あなたにとって好意のなくなった、つまり必要ない会社に説得されても断ればいいだけ。

そして他の会社を探すだけ。

 

「期待されたところで私が辞めることには変わりないです」

と言えばいいです。

 

 

3.「今はまだ辞める時じゃないと思うよ」

 

色々自分の状況や家庭の状況を説明しても

「今はまだ辞める時じゃないと思うよ」

「もうちょっと続けたほうがいい」

 

こんなことを言ってくるんです。

 

なんで友達でも家族でもない赤の他人のおっさんが分かるんだって話です。

 

会社を今辞めるべきかまだ続けるべきか?

自分が辞めようと決めたんだから辞めようと決心した今が辞める時です。

自分にとって今が辞める時だから辞めるんですよね?

 

人は労働の権利があるので辞めたい時に辞めていいんです。

会社や上司の都合に合わせなくていいです。

自分の都合に合わせましょう。

 

今この時に退職を成立させないと、永久に辞める時なんて訪れません。

 

退職を先延ばしにされてしまうと、話がなかったことにされていたりまた同じようなことを言われてまた先延ばしになる。

これの繰り返しです。

 

そしてその間に人が辞めたり、会社の体制が変わって今より辞めにくい状況になるからです。

 

だから今辞めないといけません。

 

 

 

 4.「辞めたらきっと後悔する・もったいない」

 

引き止めの終盤あたりでこのセリフを言ってきます。

「自分の考えは間違ってるのかな?やっぱりもったいない?続けたほうがいいかな?」

と迷ってしまいます。

 

今まで仕事で積み上げてきたものを全部捨てることになりますから。

だから

「もったいないかな?」と思ってしまいます。

 

 

この会社を辞めないとこのままでは後悔する、もしくはすでに後悔しているから辞めるはず。

 

私は

「構いません」

「私が会社を辞めた後どうなろうとあなたには関係ないと思いますが?」

こう言って回避しました。

 

 

後悔してしまうかもと心配するのは

・今よりも環境が最悪な会社に転職してしまった時

・年齢的に再就職できなかった時のこと

です。

 

未来の心配より今この会社にいることが後悔しているのならこの会社を辞めることを第一に考えましょう。

 

後先考えすぎることによって何事も

「もし転職先が今より最悪な会社だったらどうしよう・・・」

「年齢的に再就職はできないな」

否定的な考えになってしまう。

 

自分で勝手に制限をかけている。

 

会社を辞めてどうなるかは自分の行動次第です。

何でもかんでも勝手に行動する前に否定的に考えて決めつきすぎ。

 

 

 5.「給料上げるから・残業を減らしていく」

 

「給料を上げるから」

「残業を減らせるように仕事を調整していく」

「早く帰れる部署に移動するから」

 

このように言って、待遇を良くすると言って会社に残ってもらおうとします。

給料が上がるとやる気も出るし嬉しいですよね。

残業が減るなら頑張って続けてみようかと思ってしまいます。

 

ですが、一切信用してはいけません。

その場しのぎの説得です。

 

上司のこの言葉を信じて、会社に残ってしまうと給料は上げてもらえません。

そして、残業もなかなか少なくなりません。

部署異動の話もありません。

 

何事もなかったかのようにいつも通りに会社が回っているだけです。

 

なので給料や残業のように待遇面の話をされても絶対にこんな交渉に応じないこと。

 

「そんなことしなくてもいいです。もう辞めることは決めてるので」

「こんなこと言われても考えは変わりません」

ぐらい言いましょう。

 

 

あまり人は信用しないように。

 

「給料が上がる♪」

「残業が減る♪」

など夢見ないようしましょう。

 

相手はブラック企業ですよ?

 

 

 

 

【情に流されてしまう人の特徴】

 

情に流されない人は上司に何を言われても思い踏みとどまることなく辞められます。

 

ですが情に流されてしまう人は上司の説得に負けて辞められないでいます。

 

情に流されてしまう人の特徴は

 

1.「お人好し」

 

せっかく自分のために言ってくれているという相手の思いを踏みにじってしまい、相手に対して気が悪いと思ってしまうからどうしても断ることができないんです。

 

その結果、情に訴えられると簡単に退職を思いとどまる。

 

お人好しを変えるには人に好かれるのをやめること

そうすれば相手の気持ちより自分の気持ちが第一なので相手に何を言われようと自分が辞めたい気持ちが大事なので情には流されない。

 

 

2.「我が弱い」

 

自分の意思が弱いと相手の説得に押し負けてしまいます。

我が強くなるには同じく人に好かれるのをやめること。

 

人に好かれたい・嫌われたくないと思うから言葉を選んで発言する。

その結果自分の言いたいことが言えない。

だから言いたいことがはっきりと伝えられずに情に押し負ける。

 

 

【最後に】

 

簡単な話上司に何を言われても聞き耳持たず情に流されなければ辞めれるので、あまり他人は信用しないように気をつけ、自分だけ信じるようにしましょう。

 

他人に対して思いやりや気を使うとか、そんな気持ちでいると特にブラック企業からは永久に抜け出せません。