退職キング

ブラック企業に勤めていた経験談やお仕事について綴っています

【20代〜50代の転職】就職に困ったら正社員の工場勤務があるよ

f:id:slimwaistman:20211122125323p:plain

就職に困っている20代から50代ぐらいの人へ私が製造業で働いてきた経験をお伝えしたいと思います。

特に、学歴も資格もない、30代超えていて20代向けの転職サイトが使えないなどで選べる求人がないという人は

「製造業」という選択肢があります。

 

そこで製造業に特化した求人サイトを見てみてください。

 

➡︎製造業のお仕事なら工場求人ナビ

 

 

ほぼ全国の工場求人だけ調べれて

・工場の規模だとか

・働いている人数の多さとか

・男女比率とか

・どの年代は多いとか

・力仕事はどれくらいとか

・残業の多さとか

いろいろ見られるので自分にあった工場を選べます。

 

私が製造業で働いたことある経験から製造業でいいと思ったところをお伝えしていきますので、就職や転職で製造の世界に入る参考にしてみてください。

 

 

1.「50代ぐらいまで雇ってもらえる」

 

製造の世界は幅広い年代の人を雇ってくれます。

18歳以上から50代ぐらいまでいろんな人が入ってきました。

男性も女性も、パート・正社員・派遣いろいろいました。

 

50代ぐらいでも正社員採用の人もおられたので、特に年齢的に就職が限られる30歳以上の人は助かるんじゃないでしょうか。

 

 

2.「学歴・経験なくてもOK」

 

製造はよほど専門職じゃない限り、学歴や資格は特に必要ないです。

製造業のほとんどがみんな未経験で入ってきた人です。

 

私も高卒で何の資格も持ってなくて未経験で入りました。

この資格がないとダメとか、コミュニケーション能力が高いかとか、そういった条件はないです。

 

今まで職を転々としてきた人や異業種から来た人も何人か入ってきていたので、そういう人でも雇ってもらいやすいと思います。

 

 

3.「電話対応をしなくていい」

 

製造の世界は、一般の企業とは違って電話対応なんてやらなくていいのがすごく楽です。

私は電話対応したくないっていうのでこの世界に入ったっていうのもあるぐらいです。

 

電話対応でクレームとか、いろいろ案内するとか、そういうのストレスだったんです。

対応できなかったらどうしよう・・・とか

 

電話対応しなくていい分、気持ちがかなり楽です。

 

営業部とか部長や主任クラスになると、取引先と電話するようなこともありますが、一般社員ではまず電話を取ったりすることはないですね。

 

 

4.「接客対応をしなくていい」

 

製造業ではそういうのは営業担当と各係のリーダー、部長クラスが全て対応するので、一般社員は電話も接客対応もするようなことはありません。

せいぜい挨拶ぐらいです。

 

接客業は当然ですけど、普通のオフィス企業では上司でも一般社員でも新入社員でも、お客様が来られたらそれなりに対応しないといけません。

商談したり、窓口だったり、、、

 

製造では自分の持ち場で自分の仕事だけ集中していればいいって感じです。

 

電話とか接客とか会話するとかそういうのがストレスな人にうってつけではあります。

 

 

5.「本当に誰でもできる」

 

工場の仕事は単純作業で誰でもできるというイメージがありますが、そのとおり誰でもできます。

私も別に頭がいいわけではなく、要領も悪いですし覚えるのも遅いし、、、

そんなポンコツでも普通にやっていけたので問題ないと思います。

 

最初はややこしくてわけわからないと思っていても、結局慣れてしまい簡単に感じます。

 

手足さえ動かせられたらやっていけます。

 

若い人も年配の人も、正社員でもパートのおばちゃんでも同じことをしていたりするので、

「自分にはできなかったらどうしよう・・・」

なんて心配はしなくて大丈夫だと思います。

 

高卒の新人でもできますし、女性でもできますし、中年のおっさんでもできますし、パートのおばちゃんおじちゃんでもできますし、製造の経験がない人もできます。

みんな0からのスタートなので大丈夫です。

 

 

6.「お堅い仕事じゃない」

 

スーツを着たり、警察や消防のような制服をビシッと決めてやりような職種じゃないので、わりとビジネスマナーとか、規律とか言葉使いとかそんなにガチガチに堅くはないです。

 

会社によって違うかもしれませんが髪の毛染めてはいけないとか、髪の毛が長いとダメとかないので、ゆるい感じでもやっていけます。

 

そういう意味でも気楽だったりします。

 

7.「残業」

 

残業に関してはピンキリです。

 

あんまり残業がない会社もあれば、それなりにある会社もあるので工場の求人サイトで最初に説明したとおり、

どれくらいの残業があるとか、力仕事はどれくらいとかいろいろ見られるので、

給料少なくてもいいから残業が少ない会社に入って遊ぶ時間が欲しいとか、残業多くてもいいから給料欲しいとか、女性は多い方がいいとか、若い人が多い方がいいとか、自分にあったところを選べばいいと思います。

 

 

就職に困ったら製造業に

 

製造の世界は学歴資格なくても、専門知識なくても、50代ぐらいまで入れる業界なので就職先が見つからないってことはないはずです。

 

なかなかいい条件の求人が見つからないとか、年齢的に求人がないとか、、クビになったから早く仕事を見つけないと、、、など

こういう場合に製造業という選択肢もいいんじゃないでしょうか。

私も1日何時間も何日もかけて求人をいろいろ見ましたが、サーニス業とかやりたくない仕事が多かったり自分が応募できる求人が限られすぎていて最終的に製造業を選んだことがありますから。

 

就職に困っているなら一度見てみてください。

 

➡︎製造業のお仕事なら工場求人ナビ

 

 

製造は絶対やりたくないという場合は、資格でも取って就職の選択肢を増やすしかないですね。

知ってる人も多いと思いますが、私はユーキャンという通信講座で英会話とかパソコン系の講座を申し込んだことありますね。

スクールとかあるんですけど、交通費とかかかるし通うのが面倒だったりするんで自宅できるのはいいと思いますよ。

 

➡︎生涯学習のユーキャン