エアーズの人間観察

人間関係の悩み、仕事の悩み、ダイエットの悩み、孤独について考えています。

ぽっこりお腹になる原因〜改善

f:id:slimwaistman:20190430134008j:plain

太ってないのにぽっこりお腹の人・肥満体型でお腹が出ている方へなぜお腹が出るのか?どうやって治すのか?

その原因と改善策を紹介します。

 

1.「腹筋が弱い」

 

腹筋には内臓を保護する役割があります。

腹筋が胃や腸を体の中の所定の位置で支えるということです。

つまり腹筋の力が弱いと胃や腸を支えることができず、だんだん所定の位置からズレて下腹部の下にたまりぽっこりと出てしまうのです。

 

 腹筋を鍛えることで改善できますが⬇️の方法では激しい筋トレなどはしないでぽっこりお腹の改善ができるので試して見てください。

www.drslimman.com

 

2.「姿勢が悪い」

立っているとき・座っているときに猫背で前かがみになっていると、自然にお腹が出ます。このときに体の中の内臓の位置がずれているのです。

 姿勢が悪くなる原因は長時間のデスクワーク・スマホです。自然に前のめりになりスマホを見ているときは頭が下向きになり自然と猫背になるからです。

 

長時間この姿勢が悪い状態でいると、内臓の位置がずれた状態が型になってしまいぽっこりお腹が出来上がります。

さらに「肩こり」「腰痛」の原因にもなります。

 

 こちらの方法⬇️で姿勢や肩こりも改善ができるのでやってみてください。

www.drslimman.com

 

3.「便秘」

 

「過度な食事制限・ダイエット」「運動不足」「腹筋が弱い」「睡眠不足」が原因で腸の動きが鈍り、消化・吸収機能・便を排出する機能が弱くなり便をうまく排出できず、腸の中に長期間にわたり便が残ってしまいぽっこりお腹になってしまいます。

 

腸の働きが鈍ると栄養の吸収効果が下がるので消化しきれなかった糖分が脂肪となって体内に残りこれが「皮下脂肪」「内臓脂肪」となってこれもぽっこりお腹になります。

 

便器を解消するために 「過度な食事制限・ダイエット」「運動不足」「腹筋が弱い」「睡眠不足」を改善します。

ダイエットを始めた方はよく食事を抜いたり過剰に運動したりしがちですが、これはただ体を壊しているだけです。

食事制限でお米抜いたりとか決められた食材しか摂取しないとか、なるべくストイックなことはしないようにしてください。

 

便秘を改善するために正しい運動法でなるべく過度な運動はしないように⬇️の運動をやってみてください。

www.drslimman.com

 

www.drslimman.com

 

運動以外では「果物」「酢」「適度の アルコール飲料・炭酸飲料」は腸を刺激して排便を促す効果があるのでこれらを摂取しましょう。

 

4.「食べ過ぎ・お菓子など」

 

人間の体は内臓を守るために内臓付近に脂肪が溜まりやすくなっています。

なので胃や腸が集まるお腹周りや太ももあたりに脂肪が溜まりやすいです。

特にお菓子(スイーツ)はカロリー・糖質・脂質共にすごく高いのでお菓子は絶対にやめましょう。ドーナツ1個で約400キロカロリーほどありますし、サンドイッチでも

健康そうに見えても脂質が高いものが多いです。それは高カロリーのドレッシングが掛かっていることが多いからです。

 

 5.「年齢的な問題」

 

年齢を重ねていくと自然に代謝も低下していき脂肪燃焼などにエネルギーを消費できなくなってしまうのです。

 女性は年齢を重ねると女性ホルモンが低下し、お腹に脂肪がつくようになってしまいます。

そして長年の運動不足もあり食事で摂取したカロリーや脂肪は燃焼できずお腹に溜まっていくのです。

 

特に社会人なると運動する機会がなくなるので運動不足になりがちで徐々に代謝も低下していきなかなか痩せられない体になってしまいます。

代謝が低下しているなら代謝を上げればいいだけなので日頃の運動や不摂生な食事に気をつけていればいいので心配は無用です。

 

年齢的な問題なのでどうしようもない部分もありますが、日頃から体を動かす習慣を身につけておうたほうが後々苦労しなくて済むのです。