〜Relieving' Your Stress〜

人間関係の悩み、ブラック企業を抜け出す方法、孤独や生活などの日常の悩みを解消しましょう

会社をずる休みするのは良いことです

f:id:slimwaistman:20191201132333j:plain

会社を休みたいときありますよね。

体調は悪くないけど仮病で休もうか悩むけど

「ずる休みなんてダメだ」

「社会人として失格だ」

 

こんなことを気にして結局休まないで会社に行きますよね。

 

そして会社に行くのが嫌すぎてずる休みをしてしまったことの罪悪感もありますよね。

 

ですが、会社をズル休みをすることはダメなことではありませんし、罪悪感も感じなくて大丈夫です。

 

むしろ良いことなんです。

賢い生き方です。

 

 

 

 

 

1.「なぜ良いことなのか?」

 

普通に考えたら社会人が会社をずる休みするというのはよくないことと思いますよね。

この考えが良くないことですよ。

 

会社をずる休みするとこういう良いことがあります。

 

 

「休める」

 

今の日本社会有給なんてそう使えませんよ。

有給を使って休むことに抵抗があるからです。

特にブラック企業だとみんな頑張って仕事してるのに、みんな有給なんて使ってないのに自分だけ使うなんてできないと考えるからです。

ただでさえ人手が足りないのにこれが余計使いにくくしています。

 

サービス業でもないにに土曜日の仕事日だったりすると休日出勤もある中休みなんてほぼありません。

世間は3連休なのに土曜日が仕事なので2連休しかできなかったりしますね。

 

たまにはずる休みでもしないとまともに休めませんし疲れを取ることができませんよ。

 

 

「リフレッシュ」

 

一回どこかで休まないと今の日本社会で暮らしているとストレスで身を滅ぼすだけです。

世はブラック企業で溢れどこの会社も人手が足りないので、そんな中で長時間残業や休日出勤でとても心身ともに休まらないです。

うまくずる休みして3連休するのもありです。

ブラック企業に勤めているのならずる休みはするべきです。

そもそも社会的にちゃんとしていない会社なのでそんな会社でちゃんとする必要ないです。

 

ずる休みできる人が会社に潰されずにストレスなく生きれます。

 

 

「考える時間ができる」

 

ただでさえ毎日の残業や休日出勤で仕事に追われていてせっかくの休みも爆睡で終わり考える時間がありません。

そのままでは会社に人生をぶち壊されてしまいかねません。

 

一度ずる休みして自分のこれからの人生をゆっくり考えられます。

「このままこの会社にいて良いのか?」

「このままではプライベートがないままの人生だ・・・」

「辞めよう!」

とか何か決心したならこのまま退職代行サービスで即日辞めるのもありかもしれません。

 ◯退職代行サービスを使うなら⬇︎

www.drslimman.com

 

2.「社会人としてダメなことじゃないの?」

 

たまにはサボることも必要です。

社会人失格とか人として失格とか気にしすぎです。

社会人としてちゃんとしすぎると会社の歯車として会社の為に人生を生きることになるのでちょっと欠如しているぐらいがいいんです。

でないと自分の為に生きれません。

 

ほとんどの人は社会人がずる休みなんて常識がないとか社会人として最低な行為とか、仕事を第一で考えられないなら正社員をやめるべきとか思っています。

 

ですが、社会人としてちゃんとするということは自分を犠牲にして会社のために生きるということなので自分のために生きたければ社会人としてちゃんとする必要はないです。

社会人としてちゃんとする  = 会社の歯車として生きる

社会人としてちゃんとしない = 自分として生きる

ということです。

 

真面目な人は頑張って残業するし休日出勤もするし飲み会にも行くし仕事を断るなんてこともできないで自分の犠牲にし続けるだけです。

そして仕事を抱え込みキャパオーバーでパンクして潰れます。

プライベートもないままの人生です。

どうせ体調不良でも会社に来るんでしょう?

 

 私は社会人としてちゃんとしていないのでに飲み会は行きませんし、年に1回ぐらい普通にずる休みしますし、仕事が終わって帰っても会社から急な仕事が入ってこの仕事に行って欲しいと言われても断ります。

普段の仕事に対する姿勢は真面目(なフリ)なので特に何も言われません。

 

その結果、自分の時間もありストレスはさほどなく過ごしています。

これが悪いと思っていません。

こういうことができる人ほど得をします。

いかに楽に生きれるかが重要です。

自分のことだけ考えましょう。

 

これが当たり前で苦しまないといけないみたいな「これが社会人!」という考えを守りすぎです。

社会人は大変な思いをしてお金を稼がないといけないと思っていて楽をしてはいけないと思っている。

これまでの先人たちがこのようなおかしな考えを次の世代に教えています。

 

軽い地獄行きで済むのにとてつもなく苦しい地獄へ行くべきと教えられているようなものです。

私は軽い地獄へ行きますけど?

 

いかにこれらを回避して楽に人生生きるかが人として当たり前のことです。

人生はいかに会社に支配されずに攻略できるかが大事です。

これに早く気付きましょう。

適度にサボれる人が得をします。

 

自分の人生で仕事を第一に考えてる時点でもう会社の為に生きていますよ。

自分の命の危機と会社存続の危機どちらか救えるとなったら会社を助けるつもりですか?

真面目が馬鹿を見るというがその通りです。

 

たまにはサボることも必要です。

 

 

3.「バチが当たる?」

 

悪いことをしたり楽をするとバチが当たるといいますが結局バチが当たっているのは社会人として真面目な人です。

真面目な人が苦しい思いをして会社にいいように利用され、プライベートも失い心身ともに崩壊し下手すれば自ら命を絶つんです。

 

こういう考えをいつまでも持っている限り苦しみ続けます。

先人たちの勝手な思い込みをなぜ受け継いでいるのか不思議です。

 

言い伝えや迷信をいつまでも信じて守っている限り人生に未来はありません。

バチが当たることを恐れているのなら真面目に体を壊してまで会社に行けばいいです。

 

 

 

 

4.「 1日ぐらい休まれても仕事は回る」

 

1年に何回も休むわけではないんだから1日ぐらい誰かが休んでも仕事は回ります。

その日に最低限終わらせておかないと行けない仕事だけでも終わらせられればなんとかなるからです。

 

1年で1日8時間以上、200日以上も仕事をするのだからそのうちのたった1日の8時間いなかったところで大きな影響はありません。

うまいこと人を使い回せば穴は埋まります。

ただ会社に来ている人がその1日ちょっと頑張ったら良いだけの話です。

 

残業代が稼げてラッキーと思っている人もいるはずなので罪悪感は感じなくて良いと思います。

 

 

5.「気をつけること」

 

あまり休み癖がつかないように年に1回だけとかの方がいいと思います。

何回もずる休みしていると癖になってそのうち会社に行けなくなってしまいます。

 

そして会社の人間が商談等で外出している場合があるので外には出ない方が確実にずる休みはばれません。

友達と遊んでその友達のインスタの投稿した画像でバレるかもしれません。

 

ツイッターとかで本名のアカウントや電話番号を公開しているのなら

「今日会社ずる休みしたー!」

とか投稿するような馬鹿なことはしないように気をつけましょう。

当然会社の人間が見てるかもしれません。