エアーズの人間観察

人間関係の悩み、仕事の悩み、ダイエットの悩み、孤独について考えています。

【友達が少ない】友達を作らない人の特徴5つ(男女共通)

f:id:slimwaistman:20190920185632j:plain

皆さんは友達の数って気にしますか?

みんなは友達多いのに私は友達少ないとか・・・

 

ちなみに私は、友達はかなり少ないです。

友達は少ないですけど、何も問題ないんです。

 

逆に友達が多かったら困るぐらいなんですよ。

 

友だちが少ない人って、人見知りや一緒にいても楽しくないなどで、マイナスなイメージで友達ができないと思いがちですが

 

私みたいにわざと友達を作らない、増やさないでいる人もいます。

 

それはなぜかというお話をして生きます。

 

 

 

 

 

 

1.「自分のやりたいことができないから」

 

特に人生の目標のために行動したり、趣味に没頭するために時間を使いたい人からすれば、友達付き合いは邪魔でしかないんです。

 

友達付き合いをしていると、自分のやりたいことに時間を使えないからです。

もし友達が100人いたとすると、仕事や学校以外の時間は全て友達づきあいに自分の時間を消費してしまいます。

 

こうなると自分の野望のために行動できなくなってしまいます。

自分の野望が全て友達によって潰されてしまうからです。

 

私は友達よりも自分の野望の方が大事なので友達を断捨離しました。

 

せっかくの自分の人生の野望だったりやりたいことが山ほどあるのに、友達のせいでどれができなかったら何のために生きてるか分からなくなるからです。

 

しかも、その付き合っている友達が心から気を許せるわけでもない薄っぺらい友達だったならアホらしくてたまらないですよ。

 

友達が少なければ少ないほど、それは自分の時間があるので自分の趣味や野望のために行動できるんです。

 

 

2.「我が強く誰とも価値観が合わないから」

 

趣味や性格・価値観など人と合わない人も友達は少ないです。

 

大抵の人は自分だけ人と違うと不安になりみんなと同じだと安心するので、全てを周りに合わせてしまうんです。

仲間外れにされたくないからです。

 

でもそんなこと気にして周りに合わせてしまうと、それはもう自分ではなくなってしまうんです。

 

自分が自分であるために、みんなが「 YES」と言っても、自分が「NO」だと思ったら「NO」と言うんです。

 

自分を曲げてまで人に同調したくないんです。

その結果友達は少ないです。

 

人に合わせられない・または合わせる気がなく、自分が自分であることが大事な人です。

「自分はこういう人間で、これが好きでこれが嫌い」

が確立されているんです。

 

 

3.「他人に興味がない」

 

他人よりも自分優先で自分しか愛していない人もいます。

常に自分のことを考えているため、他人に構っている暇がないんです。

 

そして趣味や夢のために行動していて友達がいなくても別に困ってないので、友達を作るメリットがないと感じています。

 

なのでわざわざ他人に話しかけませんし、それよりも自分のことを考えたいので話しかけられても会話のラリーも続けようとしません。

 

人と関わるのが時間の無駄に感じている人もいます。

 

 

それで嫌われたり感じ悪く思われたところで他人に興味がないので、嫌われていることにも興味がないんです。

 

なので人から何か思われていてもどうでもいいんです。

こういう人はわりと人間関係で悩みにくいですね。

 

嫌われていたり、合わない人がいる、喋る人がいなかったりで悩んでいる人が多いですからね。

こういう面では私は得をしていると思う。

 

 

4.「これ以上友達はいらないと思っている」

 

「すでに仲がいい友達がいるのに、わざわざ新しい友達作らなくてもいいじゃん」

「1から関係築いていくの面倒くさいし」

「友達が多ければ多いほど人付き合い面倒くさい」

これ私が中学生の頃の考えです。

 

友達が多すぎてもいちいち一人一人付き合っていくのが大変だと思って、わざと少数の友達だけと付き合っていました。

 

「友達いっぱい作ろう!」

なんて思わなかったですね。

 

いつも決まったメンツと関わっていました。

友達は少なかったですけど何も困ったことはありませんでしたよ?

 

 

 

 

5.「薄っぺらい友達は全員断捨離している」

 

中学・高校・大学・社会人と経験していくと、それなりに人と連絡先交換したり付き合いがあったりします。

 

そんな仲当然、そんなに仲良くない人まで付き合ったりすることもあります。

 

そこで友達の断捨離をする人がいます。

1年以上連絡を取ってない人は消してしまうとか、そこまで深い付き合いでもない人も消してしまうとか。

 

自分が本当に好きな人間としか関わらないように友達を断捨離する人もいます。

友達の数とか気にしません。本当に大切な友達と付き合いだけなので。

 

中にはこんな人もいます。

「たとえ連絡を取っていなくてもずっと繋がっていたい」

とLINEの友達をいつまでも残す人もいますね。

 

でもその相手が何年も連絡とっていないでしかも、その人のことも忘れているかもしれないし、もう友達とも思ってないかもしれないので繋がっているとは言えないと思うんですけどね。

 

 

「いつか連絡をとるかもしれない = 二度と連絡をとることはない」

と思っています。

 

私はいつか連絡をとるかもしれないと思って残していた友達は10年間連絡をとることはありませんでした。

なので消しました。

 

 

私は20台半ばぐらいでこれからの人生について考えて、これからの自分の人生にとって関係ない人、大して深い関係でもない人を全て切ったんです。(なんと私の場合は全員だった!)

 

 

LINEのアカウントを消して誰からも連絡を取れないようにしました。

 

後悔はないです。

自分の好きなことに没頭できるので。

 

 

 【まとめ】

 

これら5つが【友達が少ない】友達を作らない人の特徴(男女共通)になります。

 

1.「自分のやりたいことができないから」

2.「我が強く誰とも価値観が合わないから」

3.「他人に興味ない」

4.「これ以上友達はいらない」

5.「薄っぺらい友達は全員断捨離している」

 

特に自分の人生で何かやりたいことがあるならむしろ友達は少ない方がいいかと思います。

友達と付き合っていると人生の目的のために行動できませんからね。

 

友達づきあいが多ければ多いほどめんどくさいと思うんですけど、友達ってそんな何十人、何百人も欲しいのかなぁ・・・

 

多分、周りのみんなは友達が多くて自分が少ないことに劣等感を感じたり、友達の多さがステータスや価値があると思っているんだと思う。

 

私もし、いきなり100人友達ができてしまったら95人ぐらいは切ると思います。

 

以上です。