〜Relieving' Your Stress〜

人間関係の悩み、ブラック企業を抜け出す方法、孤独や生活などの日常の悩みを解消しましょう

人の入れ替わりが激しい会社で働くデメリット6つ

f:id:slimwaistman:20191013164811p:plain

皆さんはどの様な会社で働いていますか?

ブラック企業ばかりだと話題になっており、長時間残業や休日出勤が当たり前だったり、人が立て続けに辞めていったり、辞めては新しい人が入り入れ替わりが激しかったりさまざまです。

 

「この会社人の入れ替わりが激しい・・・」

「こういう会社は辞めた方がいいのかな・・・」

と考えている方へ。

私が以前勤めていた会社が人の入れ替わりが激しい会社で最終的に退職したのですが、この様な会社で働き続けてデメリットだと思ったことを話していきます。

 

 

 

 

1.「何回も人間関係を築くのがめんどくさい」

 

新人が入ってきてある程度喋る関係になってきたなと思ったら急に辞めます。

そしてまた新しい人が入ってきて、その人と関係を築いたと思ったらなぜか辞めます。

また新しい人が入ってきて、この人は続くんじゃないかと期待して結構仲良くしたが結局辞める。

 

一応新人の人にちょっとでも居心地よくなってもらおうと優しい感じで接し(雰囲気が嫌とかで辞められて人数が減って負担が多くなるのが嫌だったから)これから仕事を進めていく上である程度関係性を築いていた方がやりやすいので話しかけたりしていたが、こうもすぐに辞められるとだんだん関係性を築くことがめんどくさくなってきます。

 

新人ばかりでなく仲良くしていた先輩や後輩に上司も辞めていくので、頑張って人間関係築いたところで結局みんないなくなる。

一生付き合っていくわけではない。

必死に人間関係築いていくのがアホらしく思えてくる。

 

これをプラスに考えると、苦手な人や仲が悪い人が辞めてくれることもある。

私は、嫌な上司がいたが辞めてくれて嬉しかったです。

 

 

 

2.「新人に仕事を教える負担がなくならない」

 

人が辞め、辞めた人の仕事を負担しながら新人に仕事を教えることになります。

なので仕事があまり進みません。

新人がある程度できる様になっても、まだ仕事のスピードは遅かったりミスもするので新人が成長するまではしんどいです。

 

さらに、新人が育ったと思ったら辞めるのでまた余計な仕事が増えます。

 

そして、また新人が入ってきて仕事を教えるのですが、ある程度できる様になったと思ったらまた辞めます。

 

これの繰り返しです。

永久に新人に仕事を教えながら自分の仕事をするという負担がなくなりません。

 

負担でしんどいからと言って、いい加減に教えていても理解してもらえないし先輩の態度が怖かったり、ムカついたりして辞めるかもしれないのでしっかり教えないといけない。

 

これなら逆に新人が入ってこない方が教えている手間や新人の尻拭いで仕事が止まることもないので、まだ既存の社員でうまいこと回すのがスムーズにいくかもしれませんし、ストレスも少ないかもしれません。

 

 

3.「ベテランがいない」

 

人の入れ替わりが激しい会社は、新人だけでなくベテランの人も辞めていきます。

ベテランがいないので会社にいるのはほとんど勤続年数1年〜3年ぐらいの人材ばかりです。

 

経験値が少なくスキルも未熟なので、仕事の進め方がわからなかったり、とんでもない大きなミスをすることも多々あります。

何かあった時に対応できる人がいないんです。 

 

先輩や上司が辞めることによって自動的に自分が主任やリーダーなど役職者になってしまいかもしれません。

そうなってしまうと辞めたくてもかなり辞めにくなります。

「役職がついていることでみんなを引っ張っていかないといけないし、責任感もある」

という考えから辞めづらくなる。

 

 

 

4.「戦力なる人が辞めるとキツイ」

 

会社には要領が悪くあまり使い物にならない人もいれば、1人で2人分の仕事をこなせる有能な人もいます。

 

そこで戦力になる人に辞められると一気に会社の総戦力が低くなってしまいます。

ほとんどがペーペーや中堅でも無能で戦力が低い人ばかりなので。

その中で戦力が高い人に辞められるとダメージがでかいんです。

 

残っている人は戦力が低いので一気に仕事が回らなくなります。

戦力が低い会社で戦力が高い人が1人辞めるということは2人辞める様なものです。

 

 

5.「無駄な残業が増える」

 

新人を教える手間、新人の尻拭い、辞めた人の仕事が回ってくる、経験値が高いベテラン勢や有能な社員がいないことでミスを連発などで仕事が思う様に回りません。

 

結果、ミスの後処理や遅れた仕事に取り掛かり無駄な残業や休日出勤が増えるだけです。

どれだけミスをしない様に気をつけていても経験値の無さ、注意力の無さ、そして日々の長時間残業や休日出勤で心身ともに疲れきっているので冷静な判断もできず、どうしようもないのです。

 

あれだけミスをした原因や対策を考え、ミスをしないための手順などみんなで会議しても無駄でした。

みんなミスをするんです。

 

 

6.「トータルで人は減っている」

 

人が辞めたり入ったりしているがトータルで人数は減っています。

既存の社員が辞め、新人が入ってきてもすぐに辞めるのでだんだん人は減っていきます。

そして、この人の入れ替わりが激しい会社で長く働けば働くほど残業や休日出勤は増え苦しい思いをするだけです。

 

そもそもブラック企業なのでこの人が安定しない状況が良くなることはありません。

人の入れ替わりが激しい=使い捨てなので。

 

あとあと上司の立場になると、永久的に1年〜3年ぐらいの戦力が低い人たちの尻拭いや指導に追われお客さんに謝罪に行ったり打ち合わせなので自分の仕事ができなくなりパンクします。

 

 

 

 

【トータルで負担でしかない】

 

人の入れ替わりが激しい会社で働き続けることはトータルで考えると負担でしかありません。

 

いつか良くなるかもしれない。

この状況をなんとかしようと夢見てもそれは無駄です。

この会社で頑張れば頑張るほど人が減り続け、自分の仕事が増え上司になり辞めにくくなって身を滅ぼす運命です。

 

さっさと見切りをつけて環境がいい会社に転職した方が利口です。

会社なんていくらでもあるのだからわざわざこんな会社にしがみつかなくてもいいでしょう。