〜Relieving' Your Stress〜

人間関係の悩み、ブラック企業を抜け出す方法、孤独や生活などの日常の悩みを解消しましょう

イジられキャラになる人の特徴4つ

f:id:slimwaistman:20190704120701j:plain

人間にはさまざななタイプの人間がいます。インテリキャラやイジられキャラ・ヤンキーキャラなど、その中でイジられキャラについて話したいと思います。

イジられキャラになってしまうと結構人から馬鹿にされたり、年下にもなめられ、まともに構ってもらえなかったりくやしい思いをすることになります。

 

 

なぜあなたがイジられキャラになってしまったのか、これから新しい環境なので活動する人もイジられキャラになってしまわないためにどのような方がイジられキャラになってしまうのかを話していきます。

 

 

 

 

 

1.「頭が悪い」

 

頭が悪いと語彙力がなかったり、天然な発言をしたり話の内容が意味不明だったり、会話が成り立ちません。

要領も悪く仕事も効率よくできないので「頭が悪い」と思われてしまいます。

頭のいい人からすれば頭の悪い人とは会話が成り立たないのでイジってコミュニケーションを取ろうとします。

会話の内容はほとんど「馬鹿にした発言やコンプレックスや過去の失態・恥ずかしい出来事などをイジる」などです。

「こいつ頭悪いな」と思われてしまうとその時点で下に見られナメられます。人は自分より劣っている人を見つけるとその人を馬鹿にして優越感に浸ります。

 

普段から頭を使って考えて行動するようにし、「考える力」をつけてください。

 

 

2.「話の話題がない」

 

話す話題がないから馬鹿にしたり恥ずかしい出来事やコンプレックスをイジることによってコミュニケーションと取ろうとします。

なぜ話す話題がないのか、それは何も経験していないからです。

恋愛・遊び・趣味など何もしていないとそりゃ話す話題がないです。

 

 

3.「1回目にイジられた時の反応」

 

1回目にイジられた時の反応の仕方次第で永久にイジられキャラから抜け出せなくなってしまいます。

 

1回目にいじられた際、天然な発言や面白い返しをしてしまうと相手に「面白い!」と思われてしまい、また面白さを求めてイジられてしまいます。

そのうち「イジるのが楽しい!」と思われてしまいイジりがエスカレートしてしまいます。

 

 なので1回目にイジられた際に、それに乗らないでください。怒ってください。

怒ると「この人はあんまりイジったり、ちょっかいを出さない方がいいな」と思わせることができます。

ただし1回目しか効果がありません。

いじられキャラが定着しているとイジった時に怒っても「そんなに怒るなよ〜」「なにムキになってんの〜」と言われるだけです。

なのでその人との人間関係を築き上げる最初の段階でやらないと意味がありません。

 

 

 

4.「天然・面白い・可愛げがある」

 

何もないところでコケる・言動やリアクションが面白いと思われてしまうと、「面白さ」を求められてつい、ちょっかいをかけたりするようになりますし、可愛げがあると「怒った時の態度が可愛い」とか「おちょこちょいなところが可愛い」など可愛い反応見たさにからかったりしてきます。

その人との会話が楽しいんではなくてイジった時のリアクションが楽しいのでイジられてしまうようになります。

 

「スキを見せてはいけない」

 

人をバカにして自分を優位に立たせたいと思っている人間がいるため、絶対にイジるスキを見せてはいけません。むやみに天然アピールやおバカエピソードなどさらけ出さないでください。

「この人は怒らせてはいけない」「ちょっかいを出しにくいな」と思われるように「オバカ」「天然」「優しさ」「オドオドした様子」「笑顔」はあまり人に見せないようにしてください。

 

ただし、「常に険しい表情をしている」「すぐキレる」「手を出す」「自己中心的」になってしまうとイジられなくなるどころか人が寄ってこなくなるので友達も恋人もできないので気をつけましょう。

 

「イジられキャラから抜け出すには」

 

学生なら自分をいじってくる友達とはもう関わらないようにします。

卒業後は同じ道には歩まないようにしてください。

これからも関わったことろでバカにされ続けて悔しい思いをするだけです。

 

会社に勤めているなら何十年もその人と関わっていかなければいけないためリセットするために思い切って転職してやり直すことをオススメします。 

 

⬇︎の記事も参考にして見てください

www.drslimman.com