エアーズの人間観察

人間関係の悩み、仕事の悩み、ダイエットの悩み、孤独について考えています。

1人行動できる人が人生で得すること5つ【メリット】

f:id:slimwaistman:20190823144843j:plain

 

”1人で行動できる人が得をすること”というお話です。

 

大抵の人は「1人」の人を

・友達がいない寂しい奴

・協調性がない奴

・非リア

と思っているため、自分が周りの人にそう思われたら恥ずかしいので、友達と一緒でしか行動できません。

 

そしてみんなと一緒でないと不安なので、みんなに行動を合わせます。

 

その中で1人で行動する「一匹狼タイプの人間」がいます。

このタイプの人はみんなと行動し、みんなと同じことをするんではなくて、自分の思った通りに行動します。

 

この1人で行動する一匹狼タイプの人間が人生で得していることを話していきます。

 

 

 

 

 

 

 1.「大抵何でもできるようになる」

 

友達がいなかったり、周りに頼れる人がいないと自然と1人で解決するしかなくなってしまうので、そうしているうちに何でも1人でできる様になっていきます。

 

頼れる人がいれば分からなかったら、やってもらったり、方法を考えてもらったりするので自分の力で解決することがないんです。

 

1人だと自分で考えて行動しなければいけないので、考える力も付いて人に頼らなくても大抵のことはできる様になります。

 

これが仕事などにつながり”頼り甲斐のある人”に思われやすいです。

 

 

2.「周りに流されない」

 

1人で行動する人は大抵、友達グループには入らないので、友達に合わせなくていいんです。

みんな自分だけ違うとか、仲間外れにされたくないので、みんなの意見に賛同しますし、リーダーなど強い人が「Aだ」と言ったらこ自分も「Aだ」と思ってついていきますし、これが正しいと思い込む様になります。

 

そしてみんなと同じでないと不安なのでみんなと同じことをします。

 

1人行動する人は、みんなが「A」と言っても自分が「A」だと思ったら「A」だと言いますし、「B」だと思ったら「B」と言います。

1人だけ違うとか変に思われるとか思っていないので、みんなの意見に合わせず、自分がこれが正しいと思った意見を言います。

 

こういう人は割と自分の意思が強く、しっかり自分の意見を持っています。

 

そしてみんながやっているからという理由で何かを始めないので、自分の本当に好きなことをやります。

 

みんながそれをやっていないからやらないんじゃなくて、好きでやりたいからやるんです。

 

 

3.「行動力が上がる」

 

あまり友達と付き合わないので、1人の時間が多いです。

なのでいろんなことに手を出す様になります。

今まで飲み会などの友達づきあいで時間を取られていたけど、1人になると時間があり、没頭しやすいので

「あれやってみたい 」

「これやってみたい」

と考える様になり、色々やり始める様になります。

 

そして自分がここにいきたいと思ったら行きます。

 

誰かと一緒でないと行動できない人は行動が制限されます。

例えば好きな歌手のライブに行きたいけど趣味が合う人がいない、友達と予定が合わないとかで、誘う人がいないともうライブに行けません。

 

だって1人で来ているのが恥ずかしいから。

1人で来ていると思われたくないから。

 

やってみたいことがあっても、友達と一緒じゃなきゃできないのでいつまでたってもできないままでいます。

 

1人行動する人はライブも平気で1人で行きますよ。私も1人で行きます。

何にも恥ずかしくないです。

ライブに1人で来ている人は結構いますし、お客さんは誰もわざわざ1人で来ている人なんか探してるわけないじゃないですか。

 

1人の人を探しているのは同じ様に1人で来ていることを気にしている人だけです。

 

1人で行動できる様になると、群れないと何もできない人よりは行動の幅が広がります。

 

4.「周りの目を気にしない様になる」

f:id:slimwaistman:20190823150743j:plain

 

1人行動に慣れていない人は、「1人」と思われることを気にして周りの目を気にしがちですが、1人行動に慣れてしまうとそれが全く気にならなくなり普通に感じて逆に1人でも堂々とできます。

 

だんだんと「どう思われているのか」が気にならなくなるので、人間関係で悩みにくくなります。

 

一匹狼スタイルの時点で「自分」というグループにいて ”人と群れない” という意思表示で、

人に好かれること・嫌われたくない:が目的じゃなくなるので、

「嫌われない様にしないと」

「みんなに合わせよう」

「どう思われているんだとう」

とか、人の顔色を伺わなくてもいいので普段から堂々とできる様になります。

 

「自分」というグループでリーダーは自分で、自分のボスは自分なので。

 

友達グループによる上下関係も皆無です。

 

人間関係が割と楽になりますよ。

 

 

5.「好き勝手行動できる」

 

1人で行動するということは誰も邪魔をする人がいないということです。

 

友達と行動していると、みんなに行動を合わせないといけない。

自分1人勝手な行動するわけには行きませんからね。

旅行や遊んでいる時もなどで行きたいところがあっても、

「友達が興味ない」

「嫌だ」

といえば行くことができませんし、無理やり連れて行くわけにはいかないでしょうし、1人だと相手に気を使う必要がないので好きな場所に好きなだけ居れますし、気が変われば急な予定変更も可能です。

 

 

誰にも迷惑がかかりません。

 

そして友達に時間を取られないので趣味など自分のやりたいことに没頭できます。

友達の趣味や同じ夢を持っているならいいのですが、

 

その友達が自分の夢や趣味など好きなことに関係なければ、その友達づきあいが多ければ多いほど自分の本当にやりたいことがいつまでたってもできません。

 

 

 

 

6.「幸せは人それぞれ」

 

1人行動ができる人が得することを話しましたが、

友達との時間を過ごすことが幸せだと感じる人もいますし、1人でやりたいことを思いっきり楽しむのが幸せだと感じる人もいますし、

 

もちろん友達と過ごすことで楽しさや喜びを分かち合えたりとか、1人では感じることのできないこともあるので、別にこの1人行動がが正しいというわけではないので本気で真に受けなくてもいいですよ。

 

あくまでも参考程度に・・・