エアーズの人間観察

人間関係の悩み、仕事の悩み、ダイエットの悩み、孤独について考えています。

友達があなたから離れていく9つの理由

f:id:slimwaistman:20190709123850j:plain

最初は仲良くしていたのに、突然素っ気ない態度になったり、自分に話しかけてこなくなった。自分を避けているように感じる。そしてだんだん自分から離れていき別の人と関わっている。友達と連絡を取り会わなくなった等、学生時代や社会人のなってもこういう人間関係の悩みは尽きないものです。

 

なぜ友達が離れていくのか原因を話していきたいと思います。

 

 

 

1.「友達を力や言葉で支配していた」

 

あなたは友達にナメられたくない・リーダー格になりたいという気持ちがあるため、自分より弱く、自分に逆らわない人とだけ仲良くしています。

 

自分を優位に立たせたいため、友達が自分よりテストの成績が低いとバカにしてますよね?

スキンシップのつもりで突然後ろからヘッドロックかましたり、デコピンしたり、お尻を蹴ったりしてると思いますが、その友達は不快な思いをしています。

「いい加減やめてほしい」「ウザい」と思っています。

 

あなたといてもその友達は「バカにされる」「すぐ叩かれる」としか思っていないのであなたのことは好きではありません。あなたは友達をバカにしてイジって楽しいかもしれませんがその友達はあなたといても全く楽しくないので本当に迷惑です。

 

 

 2.「自慢・優越感に浸る」

 

限定品やイケメン・美人、そして地位などなかなか簡単には手に入らないものを手に入れると周りに「すごい!」と思われたいがために自慢して優越感に浸りたい気持ちはすごくわかります。誰だってあると思います。

 

しかし、自慢して優越感に浸っていると確実に妬まれます。

 

優越感に浸り調子に乗っていると陰口を言われ、陰湿ないじめまで発展してしまうかもしれません。

 

 会社社長・弁護士などスペックの高い旦那さんを手に入れることができてそれを周りに自慢していると当然妬まれます。

 

以前は庶民の生活をしていたのに急に上品に振舞ったり、高級品を身につけ友達に見せびらかす。そして優越感に浸る。

 

スペックの高い旦那さんと結婚することで自分のステータスが上がったかのような気になっています。それがいちいちシャクにさわると思われています。

 

 

 3.「話の話題が悪口・愚痴」

 

たまに愚痴や悪口を言うくらいではとくになんとも思われないですが、会話の内容が常に悪口・愚痴だと友達はさすがに気分を悪くします。毎日あなたからそんなことを聞かされると楽しくないんです。

人の悪口を言った際、相手も「そうだよね。こういうところがムカつくよね」とはなりません。その友達もあなたと同じタイプの人間ならその悪口に合わせてしまうかもしれませんが。

特に自分の友達の悪口をあなたに言われると非常に気を悪くします。

私は過去に友達と喋っていた際、その友達の友達Cさんの悪口を言ってしまって「俺の友達のことを悪く言うな💢」とキレられてしまいました。

 

他には「自分のいないところで悪口言われているんじゃないだろうか」と思っているかもしれませんし「部活がしんどくてだるい」とかばっかり言っていると「だったら辞めろよ💢」と思ってしまいます。

友達はそれであなたと喋っていて楽しいと思いますか?

 

友達とは面白い話、趣味の話、恋愛の話、なんでもない雑談、悩みや相談事を喋りたいのです。

 

 

4.「あなたより新しい友達の方が楽しい」

 

これは今までは仲良くしていたのですがクラス替えや会社の人事異動により新しい友達ができ、その友達があなたと接しているより楽しいためあなたと関わることがなくなってしまったパターンです。

つまりあなたといても楽しくないのです。

誰だって接していて楽しい人と関わりたいに決まってますから、クラスや学校、進路が違っていてもいつまでも仲のいい関係でいられる人は恵まれていると思います。

 

 

 

5.「根暗・ネガティブ」

 

あなたに笑顔はなく覇気もない、話しかけても会話が続かず楽しくない。

「どうせ私なんて・・・」と物事をダメな方向に考えてしまう。

会話をしていても悲観的なことばかり言っていると相手は何も楽しくありませんし、イライラさせてしまいます。

このような人は「自分も暗くなりそう」「不幸になりそう」と思われるので関わりたいとはあまり思わないと思います。

 

 

 6.「あなたとそこまで深い関係ではなかった」

 

大学進学、就職、など環境が変わると連絡を取らなくなった友達がいると思います。

それまでは毎日学校で顔を合わせていたから喋っていただけで、卒業して環境が変わってまでわざわざあなたと遊びたいとは思われていないのです。

学生の間は毎日学校で会うのでいろんな友達と遊んだりしますが、卒業して社会人になって何十年も連絡を取り合う友達は本当に深い関係の親友クラスの友達だけだと思います。

卒業した途端連絡が途絶えたと言うことはつまり浅い関係の友達だったのです。

 

 

 7.「価値観やノリが合わなくなった」

 

学生時代は友達とくだらないことで盛り上がったりバカな話をして楽しかったと思いますが、社会人になり様々な経験により自分自身の成長によって価値観が変わってしまい、それにより友達とズレが生じてしまうパターンです。

学生時代はとにかくノリがあって楽しかったのに、社会人になって数年ぶりに会うと何かが違ったりします。会話のテンポだったり話が合わなかったりしてしまいます。

 

これにより友達とズレが生じてしまうと社会人にもなると年に数回しか会わないこの友達にまた会いたいと思うかというと「もう話が合わないし、気まずいだけだからもう合わなくていいかな」と思われてしまっています。

 

 8.「仕事に追われる日々」

 

毎日夜遅くまで残業、休みの日は休日出勤でなかなか友達と予定が合わず徐々に疎遠になってしまいます。これでは友達と遊べず、好きなこともできない、プライベートがありません。仕事のために生きているように思います。

特にサービス業は土日・大型連休・年末年始も出勤しないといけないため、友達との旅行の予定も立てにくくいです。

深夜残業・休日出勤が当たり前の会社で自分のプライベートがないなら今すぐ辞めるべきだと思っています。

 

 

 

 

9.「いつまでも夢を追いかけていて働かない」

 

 大抵の人は「夢なんて叶うわけない」「世の中甘くない」「現実を見ろ」と考えているので才能もないのに叶うはずもない夢をいつまでも追いかけている友達を見ていると見苦しいのです。

 

 

 10.「人間関係は簡単に崩壊する」

 

人間関係を築き上げるのは時間がかかりますが、崩壊するのは簡単だなと感じます。

お金にだらしなくて周りに借金ばかりして縁を切られたり、たった1度ケンカしただけで関係が崩壊し絶縁してしまったり、今まで連絡を取り合っていたのに自分から連絡するのをやめた途端、相手からは一切連絡をしてこない。そして自然消滅。「そこまで友達と思われてなかったのかな」とショックを受けてしまいます。

 

 

11.「失った友達を取り戻すのはすごく時間がかかる」

 

 一度関係が切れた友達とは元の関係に戻るとこはかなり難しいです。

最初に友達関係を気づくときは0からのスタートですが、友達との友情・信頼を失った状態からだとー100からのスタートになります。

誠意や行動で示して長い年月をかけて取り戻していくしかありません。