〜Relieving' Your Stress〜

人間関係の悩み、ブラック企業を抜け出す方法、孤独や生活などの日常の悩みを解消しましょう

会社で喋る人がいなくて孤独なのは実は得をしている

f:id:slimwaistman:20190813164826j:plain

 

職場に喋る人がいなくて毎日孤独・・・

嫌われているんじゃないか・・・

これは別に悩むことではなくてむしろ、「余計な人付き合いをしなくて済む、つまらない飲みに誘われて時間とお金を無駄にしなくて済む、ヤッター!」と思いましょう。

 

まず会社は学校じゃないので友達作りをすることろではないです。

友達できなくて悩むんじゃなくて仕事で悩みましょう。

仕事をしてお金をもらうところなので。

職場に置いて友達作りに重点を置かないでください。

 

私は職場では最低限の事務的な会話はしますが、基本誰とも仲良くなろうとしません。

一番の理由は飲みに誘われたくないからです。

完全にお金と時間の無駄だと思っています。

 

友達でもないなんでもない人と過ごす時間がもったいなくて苦痛なんです。

ただでさえ社会人生活で半日以上会社で過ごしているのに、その後会社の人と飲みに言ってると自分の時間が取られてやりたいことができないからです。

 

私ははたから見ればやや孤立しているのですが別に悩んでいないんです。

むしろこれでいいんです。

 

では会社で喋る人がいないとどういうことで得をするのかメリットを紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

1.「飲みに誘われて無駄なお金と時間を使わなくていい」

 

まず会社で喋る人がいないというのは仲がいい人がいないので飲みに誘われることがほとんどありません。

みんな飲みに行くのが好きなので仲がいい人を誘ってよく飲みに行っています。

毎日のように飲みに行く人もいます。

仲良くない人を誘ったりはしないでしょう。

これはさみしいことではなくて、自分の大切なプライベートの時間を会社の人間に奪われないということです。

 

好かれたいからといって仲良くしてしまうと、ある日飲みに誘われてしまいます。

実際飲みに誘われたら本心は行きたくないでしょう。

付き合いを断って嫌われてしまうんじゃないかと考えて。

だから本当は行きたくないのに無理して行ってしまうんです。楽しくないのに・・・

 

会社の人と飲みにばっかり行っていると自分のやりたいことができないまま歳をとって、気づいた時には「何かをやり始めるには遅すぎる年齢」になってしまいかねないです。

 

飲みに行かないことによってお金を使わなくて済みます。

毎週会社の人と飲みに行っていると大体割り勘で3,000円ぐらい消費して1ヶ月で12,000円ぐらいでしょう。

会社の人と飲みに行かなければこの12,000円を別のことに使えます。

 

 

2.「やりたいことができる」

 

会社の人と仲良くないということは仕事終わりに飲みに誘われたりすることがありません。

つまり仕事終わりに自分のやりたいことができます。

夢や夢中になれる趣味があったとすると、仕事が終わったらすぐにそれをやりたいのに仕事終わりに飲みに誘われてしまうとそれができません。

私の場合は仕事が終わったらすぐに自分の好きなことをしたいので 会社の人に飲みに誘われるのが本当に苦痛でした。

趣味や夢がある人からすれば飲みに誘われるのが本当に嫌なはず。

会社の人と飲みに行っても夢は叶わないからです。

 

夢を叶えたい人は嫌われてでも飲みに誘われても断っているはず。

 

会社で喋る人がいないということは飲みに誘われないので、自分の時間を奪われることがないから家にいてもLINEが来て会話に付き合わなくてもいいし、思いっきり自分の好きなことができるんです。

 

 

3.「早く帰れる」

 

会社の喋る人がいると仕事が終わったら帰る前にタバコ・コーヒータイムに付き合うことになってしまいます。

そこでダラダラ喋って10分〜20分ほど帰るのが遅くなってしまいます。

そこで上司が現れてしまうと、上司のくだらない会話に付き合わされてしまいます。

会話の途中でいきなり帰るのも失礼なのでなかなか帰ることができません。

最悪1時間ほど付き合わされてしまいます。

もっと最悪なのはそのまま飲みに行く流れになることです。

当然上司の誘いなので断ることができないでしょう。

 

喋る人がいると余計なことに付き合わなければいけないので、仕事終わりの雑談タイムなどでなかなか帰れません。

 

しかし、会社で喋る人がいないということは会話に付き合うことがないので、誰かを待つ必要もないし、仕事が終わったらさっさと帰るここができます。

これで雑談に付き合って帰るのが遅くなることはありません。これだけで1週間で2、3時間ほど得をしています。

 

 

4.「会社を辞めやすい」

 

仲良くしてる人がいないから、会社を辞める際に寂しさやだったりみんないい人たちなので辞めるのが勿体無いみたいな感情が邪魔にならずサッと辞めることができます。

 

特にブラック企業の場合、毎日毎日長時間残業だとみんなで苦しくて大変な仲頑張っているという仲間意識や友情がなぜか芽生えて、みんなと仲がいいと自分が辞めることで残された人たちにさらに負担がかかってしまうことがみんなを裏切ってしまう、という感情になってしまいます。

 

この「情」が邪魔になっていつまでもブラック企業から抜け出せないでいます。

 

ですが誰とも仲良くないと、「情」がまずありません。

みんなと関係も築き上げていないから友情もクソもないので誰のことも心配する必要がありません。

「情」が邪魔をしないのでブラック企業を辞める決断がとてもしやすいです。

 

この「情」は本当に会社を辞めるのに邪魔です。

ブラック企業にいた時に、同じ部署の人と仲が良かったから会社を辞めるのにこの人たちのことで結構辞めるのをためらったりしてしまいました。

でもブラック企業にいるのは苦しい。

辞めたらこの人たちが余計負担かかってしまう。と

 

なので辞めるのにかなり時間がかかってしまいました。

何の「情」もない人たちならさっさと辞めていたんですけどね。

 

 

 

 

5.「最後に」

 

会社は別に友達作りをする場所じゃないので、仕事をする場所です。

仕事をしてお金をもらえればそれでいいのです。

仕事してお金もらって、仕事終わったらさっさと帰って好きなことをしましょう。

私みたいに会社でわざと誰とも仲良くしないでいる人は結構います。

 

そういう人は会社のみんなと付き合うより自分のやりたいことをやる時間が大事なのです。

そのやりたいことを邪魔されたくないからです。

 

嫌われたところで自分の人生に関係ない人に嫌われたことろでどうでもいいんです。

アウトオブ眼中です。

 

そんなことより自分の時間が何よりも重要なんです。

 

もし自分にやりたいことや何か夢があるなら、会社で喋る人がいないというのはチャンスだと思ってください。誰も自分の時間を奪う人がいないということですから。

 

自分が夢など夢中になれることを見つけるとマジで会社の人間との関係なんかどうでもよくなります。

関係を深めることよりも好きなことを考えるて好きなことをする方が大事に思えてくるからです。

会社の人間と付き合っている時間が無駄に思います。

自分の人生を会社の人間のことを考えている時間も無駄です。

自分の人生を

「自分の好きなことをするのに人生を費やす」

「会社の人間と付き合うために人生を費やす」

どっちがいいですか?

 

私は当然

「自分の好きなことをするのに人生を費やす」

これに時間を割きますね。

 

もし自分に夢や何か夢中になれるものがあるのなら別に喋る人がいないままで全然問題ないです。

 

 

会社の飲みにに付き合わないことで出世に響いたり嫌われたりあるかもしれませんが、別に副業で軽い収入もありますし、出世したら会議にも出なきゃいけない、帰れない、そして役職があることで辞めづらくなるってことになるので一生平社員でいいくらいです。

さっさと仕事を終わらせて早く帰って好きなことがしたいだけです。

どうせある程度お金が貯まったらリタイアするつもりなので。

 

その代わり結婚は諦めてます。

 

嫌われたくない・好かれたいよりは自分のやりたいことをやってそれでお金を稼ぐってことが重要なのでいちいち嫌われたくないとか好かれたいとか考えている暇はないですね。

何かあった時、平社員までの人たちなら一応仕事で黙らせられることはできるので特に問題ないです。

もしイジメられるようになってしまってもたとえ上司でも20倍ぐらいでやり返すつもりなので何も恐れていないです。

 

私はこのスタンスで社会人生活を送っています。