エアーズの人間観察

人間関係の悩み、仕事の悩み、ダイエットの悩み、孤独について考えています。

ダイエットを続けるモチベーションを保つ方法・きっかけなど

f:id:slimwaistman:20190414211227j:plain


ダイエットは1週間、2週間ですぐに成果が出るわけではありません。

そしてだんだん痩せてきても必ず痩せない時期があります。

これは誰でもあることなのでそこで挫けたりしないようにしましょう。

 

最初はやる気満々でダイエットを始めてもだんだんきつくなってきて、全然痩せなくて諦める人もいるでしょう。

そこで少しでもダイエットを長く続けるために私なりのモチベーションを保つ方法を紹介します。

 

 

 

1.「モテる」

・スタイルがいいと贅肉だらけのボディより確実にモテますし、異性として意識してもらいやすいです。さらに旦那・奥さんから惚れ直してもらうきっかけにもなります。

・異性の方からスタイルを褒められると嬉しいものです。スタイルを褒められると自分に自身も持てます。そしてスタイルを褒められたいから頑張って体型をキープしようとゆう気持ちになります。

 

2.「だらしない体型の人の体を見る」

・私は職場のぜい肉だらけのお腹ぽっこり出た上司や同僚の体を常に見て「俺は絶対こんな体になりたくない」思うようにしていました。私の職場にはぜい肉がたくさん付いている人が多いです。よく職場の人から「太らないからいいね」と言われますが

私は「太らないようにしてるから太ってないに決まってるでしょ。何もしないで太らないわけないじゃないですか。」と相手が上司であっても少し上から目線で言ってます。

相手を少し見下すことができますね。

・何もしないでも太らない人は元から痩せ体質の人です。

 

3.「いきなりハードなランニングなど極度な食事制限はしない」

・痩せたくて普段運動しない人がいきなりランニングをしてしまうと、まず走り慣れていないので、体力もないし走る筋肉もないのでケガもしやすい上に少し走っただけでバテてしまいます。その結果「もうランニングなんて無理・・・」となってしまいます。

・そのような方がランニングを始めるためにまずランニングをするための筋力と体力をつけましょう。なるべく階段を使ったりなるべく歩くようにするなど自分の足腰を普段から使うことから始めましょう。

・いきなり夕食を抜くとか炭水化物を抜くとかストイックなことを初めてしまうとただストレスが溜まるだけであり、いつか我慢できなくなり暴走するように食べてしまいます。そして激太りです。私はこのような食事制限はしていませんしできません。普通に朝、昼、夕食と好きなものを食べたいですから。かといって毎日肉や脂っこいものを食べるようなことはしません。ある程度の制限はしています。

・まずダイエットのスタートから間違わないようにしないといけません。

 

 

4.「痩せたね」「スタイルいいね」と言われた

・やはり体型を褒められると嬉しいものです。私は昔太っていて知人に「痩せたね」と言われてから嬉しくなり「もうデブには戻りたくない」と思うようになりました。今では「スタイルがいい」と言われるようになりました。「スタイルがいい」と言われると嬉しいので頑張って体型を維持しようという気持ちになります。

・スタイルがいいことで自信にも繋がります。ファッションの幅も広がって着たい服も着れます。

 

5.「食べること以外の趣味を見つける」

・ダイエットのストレスを軽減するために趣味を作ります。

・趣味が無いからとりあえずスイーツ食べに行ったり、いろんなご飯屋さんへ行ってるということはないですか?休日にゴロゴロしてるか飲みに行って飯食ってるぐらいなら何かを始めてみましょう。夢中になれる趣味があればそれに時間を使うようになり無駄な間食をだんだんしなくなってきます。

・色々なことを経験することにより自分の経験値にもなりますし、話の引き出しも増えて仕事などでその経験が活かされてくる事もあります。

・趣味を通じて人との出会いがあり、そこで気になる異性がいるとアプローチして振り向いてもらえるようにダイエット頑張ろうという気持ちにもなれるかもしれません。

 

6.「最後に」

・ダイエットのモチベーションを保つのは難しいと思います。順調に痩せてきたのに急に痩せなくなってきたり、面倒臭くなってきたり、しんどいことしたくない等、結局自分に甘えているんです。体型維持している人は自分に厳しくストイックなのです。

でもダイエット、体型維持のための内容なのでプロのアスリート並みにストイックにする必要はありません。

・最後まで読んでくれてありがとうございます。