エアーズの人間観察

人間関係の悩み、仕事の悩み、ダイエットの悩み、孤独について考えています。

私がニート期間中にやっていたダイエット

f:id:slimwaistman:20190527172150j:plain

 

 私はニートだった時期がありその期間に太ってしまいました。

 

www.drslimman.com

 

ニートはずっと家にいて仕事もしないので体を動かすことがほとんどありません。

なのでなるべく少しでも体を動かすためにやっていたことを話していきます。

 

1.「わざと1つ遠いコンビニ・スーパーで買い物をする」

 

少しでも自分の足腰を使いエネルギーを消費しようとわざと1つ遠い場所まで買い物をしに自転車ではなく「歩き」で行っていました。

ニートなので 別に忙しいくて時間がないわけでもないので、時間が掛かっても別に気にしませんでした。

そして自宅マンションに帰ってきたらエレベーターではなく「階段で」登ります。

 

2.「立つ時間を増やす」

 

ニートになった途端、座っているか寝ているかの生活だったのでまず立つようにしました。

一日中立っているわけではありませんが立ってテレビを見たり、立ってパソコンをしたり、立ってスマホを触ったりするぐらいでしたけど、少しでも足腰を使うようにしました。立っているだけでもわずかですがカロリーを消費できます。

 

このニートの機会に「料理」を作れるようになろうと思い、今まで外食や母の手料理(私は母親と同居しています)だったのですが、料理を教わりました。

少しでも立ち作業を増やす目的でもありましたが・・・

料理・掃除・洗濯などの家事は体を動かすので運動になっているのです。 

 

3.「腰をひねる運動」

お腹が出てくびれも無くなってしまったのでお腹周りを絞る運動をします。

 下記の記事でも紹介していますが、腰をひねる動きはお腹周りを引き締めることができます。私は体を動かす仕事で腰をひねる動きが多かったため、結果ウェストが細くてくびれができていたからです。

その腰の動きを家でやるようにしたのです。

www.drslimman.com

 

 4.「ランニング」

 

ベタなダイエットですがランニングです。

時間は夕方〜夜の間に走っていました。朝のランニングが一番脂肪を燃焼しやすいとか、夜はあまり効果がないとか言いますが私はこれで痩せましたし体型維持してきたので時間は気にしなくていいと思います。食後に走る場合は2、3時間ほどあけておいたほうがいいです。

私は週5日で10キロ〜12キロの距離を60分かけて走りました。1周1キロのコースがあって10キロ〜12キロ走って、最後に自宅まで約1キロの距離をウォーキングで帰るということをしました。

このランニングコースに飽きたらたまに気分転換でコースを変えて距離もわからないままひたすら道を走ったりしていました。

 

 

 5.「筋トレ」

 まず、脂肪を燃やすためのパワーになる筋肉を作るために筋トレをします。

私がやっていたのは「懸垂」です。

私はジムには通っておらず、ランニングコースの大きな公園に大人がぶら下がれる大きな鉄棒があるのでそこで懸垂をしていました。

お年寄りの方などが運動のためによく使用されています。

「懸垂」は背中・肩・胸・腕など上半身のほとんどの筋肉を鍛えることができます。

私は5〜6回ぐらいしかできないのですが3セットを週2回ぐらいのペースでやってました。

そして「腹筋」です。私のやり方はシンプルなよく学校の身体測定でやるようなやり方の腹筋です。どこか足を引っ掛けられるところにかけて60回×4セットを週に2、3回ほどやりました。

 

6.「コンビニ弁当と菓子パンはやめた」

 仕事をやめた途端、自堕落な食生活になってしまったので元に戻しました。

仕事を辞めてからほぼ毎日、唐揚げやトンカツの「コンビニ弁当」カツサンド・ドーナツばかり食べていたんです。

私は食事制限はなるべくしなくてもいいダイエットや体型維持を目指しているので「コンビニ弁当」とドーナツやカツサンドのようなものは食べないように。そして間食やお菓子を食べないようにしただけです。

なのでお米は食べますし、お肉も食べます。

 

 7.「痩せるだけならこれぐらいの運動で十分」

 

アスリートみたいにバキバキの体を目指しているわけではなければそこまでストイックな運動や食事制限はする必要はないです。

私はスリムな体型で程よく筋肉がついた状態を維持したいだけなので、ハードな筋トレはしません。

 

太ってからダイエットを始めてからは毎日鏡で自分の体型の変化を見ていたのですが、実際体重は減っていたのですが、毎日見ていると変化があったのかわからないですね。

なのでなかなか痩せないと思い込んでしまうというのもあるのではないでしょうか。

早く結果を求めてしまうのも逆にストレスになっているのかもしれません。

焦らず気長に続けていればいつの間にか痩せているものです。