浄化するブログ

人間関係の悩み、ブラック企業を抜け出す方法、孤独や生活などの日常の悩みを解消しましょう

【危険!】中小企業の製造業への転職はオススメしない!

f:id:slimwaistman:20210809200919j:plain

現在転職活動中の人たちへ人生を台無しにしないために警告をしておきます。

くれぐれも中小企業の製造の会社には入らないようにしましょう。

 

単純な仕事、定時で帰れる、休みが多いなんて希望を抱いてはいけません。

そいうのは大学を出てないと入れないような限られた大手のホワイト製造業だけです。

求人サイトに出ているほとんどの企業はブラック企業です。

 

そこで筆者が過去に製造業で働いていた経験から中小のような会社には入ってはいけない理由をお話しします。

 

製造業の仕事をやってみようと考えている人はこれから説明することを読んで、よく考えたうえで 就職するようにしてください。

 

 

 

 

 

 

1.「昭和世代が多い」

 

まず、大手でない中小のような製造業には昭和世代の人がかなり多いです。

9割以上、下手すれば全従業員は昭和世代です。

若い人はいません。

 

これがどういう意味かというと、、、

 

全員が昭和の考え方で仕事をしているということです。

 

・昔はこうだった

・気合い、根性

・体調が悪くても仕事をする

・昔の考えや教えを守っている

 

この環境で囲まれて仕事をすると、あなたも昭和の考えを植えつけられてしまいます。

 

昭和の人は変化を嫌い、先人たちの教えが正しいと思っているので

仕事が楽になる方法やシステムができても、

・昔はこんなものに頼らなかった

・昔は使わせてもらえなかった

・俺はこう教えてもらった、、、等

 

今まで自分が不遇な環境で仕事をしてきて、それがだんだんそんなことをする必要がなくなってきて、もっと楽に仕事ができるようになっても

 

「俺たちがこんな思いしてきたんだからお前たちも同じ思いをするべきだ!こんな楽にやるなんて許せるか!」

 

というわけです。

 

時代が進んで仕事が効率化できるのに、この考えの世代ばかりいるせいで、いつまでも古いやり方で苦しい思いをして仕事をする羽目になります。

 

結果、残業は無くならないし体調不良でも出勤しなければいけないし、夏場なんか現場仕事の中仕事中水分補給もさせてくれません。

 

昭和世代は、夏場部活で練習中に水分補給をさせてもらえなかった世代なので、それが染み付いているんです。

 

それが正しい、社会はこうあるべきと思っています。

こういう人たちはブラック企業の意思を受け継ぐので、こういった会社に入ることで洗脳されてしまいます。

 

昭和の考えが当たり前、正しいと思ってはいけません。

先人の考えや教えは正しいと思っている人が多いように感じます。

 

苦しい思いをして仕事をしないといけないと思っているんでしょうか?

 

冷静に考えればどう考えてもおかしいことはおかしいですよ。

 

 

2.「肉体労働」

 

製造業は完全に肉体労働です。

立ちっぱなし、常に手を動かし続ける、重いものを運ぶ、製造の職種によっては長時間ハードに体を動かさないといけないこともあります。

 

「難しいことは考えなくてもいいし、ただ体を動かすだけだたら楽だろ」

「体動かすの好きだから大丈夫」

「体力に自信あるから大丈夫」

 

なんて考えは舐めてます。

 

年齢を重ねれば体力も低下し、ただ苦痛になるだけです。

40歳、50歳ぐらいになればもうついていけないです。

肩も悪くなり、肘も悪くなり、膝も悪くなり、腰も悪くなり、体力もなくなり、力もなくなり、、、、

それでもボロボロの体を駆使して働かないといけません。

毎日毎日クタクタです。

 

体力仕事全般に言えることですが、これがヤバいブラック企業だったら朝から深夜まで体を駆使し続けないといけません。

こんなこと定年までできますか?

 

どれだけ体力に自信があってもだんだんしんどくなってきますよ。

余裕だと思っていても絶対に途中で考え方が変わります。

これは断言します。

 

私がそうでした。

最初は体を動かすのが好きだったから体力仕事を選びましたが、年いったときのことを考えるとこれは続けられないと判断しました。

 

 

早く出世して、現場に出ず指示を出す側の人間になればいいと思うかもしれませんがそんなわけにはいきません。

 

その理由は次で説明します。

 

 

3.「いつも人手が足りない」

 

中小の製造業はいつも人手不足です。

労働環境が劣悪なのですぐに人が辞めます。

 

根性がないとか、ゆとりだからとかそういうことじゃありません。

 

やめるべきヤバい会社だから辞めていくんです。

先のことを考えて辞めたり、ブラックだから辞めたりしていくわけです。

 

今の若い人たちはブラック企業の特徴とか、やめるべきヤバい会社の特徴とかそういうのを調べたり、ホワイト企業を求めてりするので、この会社がブラックだと判断したらすぐに辞めます。

 

だから若い人がいません。

今の時代、若い人はブラック企業に敏感で、ホワイト企業を探したり、資格取ったり、パソコンで稼げたり、YouTube、せどり、自分のスキルで稼ぐなど、いろんな稼ぎ方があるので若い人はこのようなブラック企業でわざわざ働こうとしないのでまず、このような会社に入ることはないと思います。

 

会社が新人を雇ってもなかなか続かないので、若手がいなくて昭和の古株ばかり会社にいます。

 

そして古株たちも定年で引退したりするのでだんだん人は減っていきます。

 

だから、後任が育たないので会社でいくら出世して偉くなってもずっと現場で最前線で仕事をしなければいけません。

 

人が足りないので辞めたくても辞めにくい雰囲気になります。

 

そして出世すればするほど責任感から辞めにくくなるのでもう逃げ出せません。

 

定年で辞めても人がいないから復帰させられていた人もいるので永遠に働き続けないといけないこともありますよ。

 

4.「社員の質が良くない」

 

中小企業の製造業は基本的に、学歴不問、未経験 OKの中途採用の集まりです。

ほぼ誰でも入れるので、単純作業というイメージからそれなりの人材しか集まりません。

 

学歴資格のない高卒、パート、職を転々としてきた人、チンピラ系、要領があまり良くない人、頭使うのが苦手な人、モラルがない人などがほとんどです。

 

常識人や優秀な人材はまずいません。

 

絶対にミスは起きますし、何回も同じミスをしますし、責任のなすりつけ合い、ムカついたらキレてわめき散らす人、要領良くできない、、、、

 

こんな人ばかりなので、仕事が回りません。

結果、鬼残業、休日出勤ばかりです。

しんどい思いをするだけです。

 

 

 

 

5.「暑いし寒い」

 

製造の現場は快適なオフィスワークとは違い、夏は暑いし冬は寒いです。

体も動かしますし、担当作業や場所によっては複数の機械が動いているので機械の熱でクソ暑いです。

なぜか現場には冷房暖房は存在せず。

尋常じゃないぐらい汗が出ますし、苦しいです。

毎年誰かが熱中症で倒れます。

 

冬は、体動かすだけマシですがそれでもかなり寒いです。

製造の現場は製品の搬入やフォークリフトの移動などで、シャッターを開けているので冷たい風が直当たりするのでかなり寒いです。

ほぼ外で仕事しているようなものです。

 

担当作業や場所によっては、暖かいことなんてないので地獄です。

 

夏は灼熱、冬は極寒

これを毎年耐えられますか?

 

私は冷静に考えた時に、こんなことできないと思ったので先のことを考えて辞めました。

 

 

6.「大怪我のリスク」

 

製造の世界は怪我と隣り合わせです。

機械を使うので危険が多いです。

 

・機械に巻き込まれて体の一部がぐちゃぐちゃになる

・機械で指を落とす

・天井のボルトが外れて上から外れた部品が降ってくる

・機械や化学薬品などの不慮の爆発に巻き込まれる・・・など

 

他にも職種によっては特殊な液体などを扱うこともあるので、それが体に合わず身体に異常が出る場合もあります。

 

製造の世界において一番怖いのは体の一部を失うことです。

いつ何が起きるかわかりません。

いくら気をつけていても、ちょっとした不注意で機械に巻き込まれたり、機械の誤作動で予期せぬ事故に巻き込まれる可能性もあるんです。

 

グロ動画のサイトで見たことあるんですが、監視カメラの映像でシュレッダーみたいな機械に全身巻き込まれで見るも無残な姿になった人の映像を見たことがあります・・・

 

製造の世界に入る前によく考えておきましょう。

 

 

7.「出会いはないよ」

 

「イケメンいるかな♪」

「可愛い女の子いるかな♪」

⬇︎

残念ながら製造の世界にそんな人いません。

パートのおばちゃん、中年おじさん、輩、根暗、おかしい人しかいません。

 

そもそも若い人がいないので製造の世界での恋愛は諦めましょう。

仕事のモチベーションは全く上がらないです。

 

 

8.「転職サイトはほとんどブラック」

 

経験上ハローワークやはたらいくなどの求人サイトに出ている企業はほぼブラックです。

他にもどの求人サイトにも載っている様な企業もブラックです。

求人情報や写真を信用してはいけません。

 

ブラック企業に入ってしまうと人生を棒に振ってしまいます。

焦って転職活動しても、ヤバい会社に入ってしまうのがオチです。

 

私はブラック企業からやっと抜け出したのに、転職先がまたブラック企業だったこともあり20台を無駄にしてしまいました。

 

そこでブラック企業に入ってしまわないために、人で不足など劣悪な環境で仕事をしないために、そういった会社を省いた転職サイトを一度こちら↓を参考にすることをオススメします。

www.drslimman.com