エアーズの人間観察

人間関係の悩み、仕事の悩み、ダイエットの悩み、孤独について考えています。

職場の同僚から飲み会に誘われにくくなる4つの方法

f:id:slimwaistman:20190701161054j:plain

人見知りの方や、職場の人間とは会社の中での付き合いだけでよくてプライベートの時間まで関わりたくないと言う人にとっては、職場の人間に飲みに誘われるとこは非常に腹立たしいことだと思います。

 

私も職場の人間と飲みに行くのが本当に嫌いです。友達だと思っていなくて「ただ一緒の会社で働いている人」ぐらいにしか思っていません。

 

仲良くなる気がないから話すこともない上に楽しくないからです。

仕事が終わったら早くかえって自分の好きなことをしたいんんです。

 

 

 

私は先輩や上司から「飲みに行こう」と言われると腹わた煮えくりかえります。

「俺の時間を奪わないでくれ!」と思っています。

 

では、実際に私が実践しているこれから会社の人間に飲みに誘われない方法を紹介します。 

ただし、社会は

「上司の誘いを断るのは社会人として失格」

「こういう飲みの場に参加しないことは給料UPや出世に響く」

「飲み会に来ない人は嫌われる」

 という考えの為、それでもいい。そんな事より自分の時間が大事と思っている人だけ読んでください。

 

 

 

 

 

 

 1.「仲良くならない・グループに入らない」

 

※この方法は職場で孤立してしまう可能性が高いので、「職場には友達は作りに来ていない・仕事をしに来ているんだ」「人とあまり関わりたくない」「嫌われても構わない」など「孤独」でも大丈夫な人にオススメします。

 

まず、職場の人間に「この人と喋る話題がない」と思われるようにします。

人は恋愛の話・酒の話・ファッションの話・趣味の話などが多いと思います。

 

特に飲み会では仕事の話もあるでしょうけど結構恋愛の話になることが多いです。

 

一番最初の人間関係を築きあげる段階で恋愛関係の話題になると、実際に彼氏・彼女がいても「いない」と言ってください。

「いる」と言ってしまうと絶対彼氏・彼女のことを聞かれますし、過去の恋愛経験の話題になりますし、過去の恋愛経験もベラベラ喋らないようにしてください。

 

酒や趣味の話も同様に「ない」と振舞ってください。

「喋っても何も楽しくない」と思われるようにします。

そしてよくわからない「ノリ」には合わせないようにしましょう。「ノリ」が悪いと思われもいいんです。

 

そして、休憩時間など誰かのグループの輪に入って談笑などはしないようにしてください。

いつも喋ってるグループに固定されてしまうと飲みに行く際にまず、このグループのメンバーで行くことが多いです。

+αで他に仲がいい人を誘うことになりますのでなるべくグループには入らず固定の喋り相手も作らずに1人で行動するようにしてください。

 

 

2.「存在感を消す」

 

会社の人間に存在を認識されないようにします。

「◯◯ って誰?そんな人居るの?」と思われるぐらいがいいです。会社の中ではなるべく目立たないようにします。

存在感がないと「飲み会に誰を誘うか」になった際あなたの名前が挙がりにくいです。

 

 存在感を消すには

 

・なるべく人と目を合わせない

 目と目が合うと言うことはお互いの存在を認識してしまうことになるのでそうなってしまわないために社内を歩いている時もなるべく人の顔は見ないように前方と足元だけ見るようにします。

 

・あまり喋らない / 大きい声を出さない

 人の声がすると声が聞こえたほうを振り向いてしまうことがあるためその際に「この人が喋っている」「この人が居る」と認識されてしまうためあまり喋らないようにします。大きい声で喋ってしまうと目立ってしまうので大きい声は出さないようにしましょう。

 

 ・休憩室などみんなの溜まり場には顔を出さない

 自分の姿を見せないようにします。休憩時間はみんなでおしゃべりをしてると思いますが人が居るところに自分がそこに居てしまうと話しかけられることがあるため、休憩時間は誰とも合わない独りになれる空間を見つけてそこで過ごします。

 

 ・個性 / 特徴を消す

  少しでも特徴があるとそれだけで目立ってしまうためおしゃれなメガネ・ネクタイ・スーツ・髪型・メイクは控えます。

 

美人やイケメンはどうしても目立ってしまうので「会社の人間にモテたいとは思わない」「社内恋愛は興味ない」と思っているならばわざとメイクに手を抜いたり、身だしなみに手を抜いて人に注目されないようにします。

 

 ⬇︎こちらの記事にさらに詳しく書いているのでよかったらどうぞ

www.drslimman.com

 

 

3.「格闘技やスポーツなど習い事をする」

 

 格闘技などの習い事をしていれば飲み会に誘われた際、「練習があるんで」「レッスンの予約を取っている」「試合が近いから」「減量中」など適当に言い訳ができます。

忙しいいんだなと思われるようにします。

 

特に格闘技を習っていると普通に人より確実に強くなるので自分に自信が持てますし、気が強くなるので「断る」勇気も出てきます。

 

毎日会社と家を往復しているだけのつまらない生活ならばこの際に何かを始めてみてください。

 

 

 

 

 4.「断り続ける」

 

何回も断るのは相手の気を悪くさせてしまうので断りにくいと思うかもしれませんが行きたくない飲み会に行ったところでまた誘われることになります。

 

なので最初から断り続けていれば「あいつは誘っても来ない」と悪く思われるようになり誘われなくなります。

 

楽しくない飲み会に嫌々行くか、嫌われてでも楽しくない飲み会には行かないか、私は会社の人間には別に好かれたいとも思っていなくて嫌われてもいいと思っているので飲み会は平気で断ります。

 

その時間に自分の夢を追いかけたり趣味に没頭しています。会社の飲み会よりはるかに有意義な時間を過ごせて居ます。

 

 

 5.「最後に」

 

これらの方法は相手の気を少し悪くしたり、孤立してしまう可能性がある為、「人に嫌われたくない」「人に好かれたい」と思っている方にはこの方法は難しいと思います。

 

それに、社会はこういう先輩や上司との付き合いが給料UPや出世に繋がったり、飲み会に参加しない人は付き合いが悪いやつと思われ、嫌われやすくなるかもしれません。