〜Relieving' Your Stress〜

人間関係の悩み、ブラック企業を抜け出す方法、孤独や生活などの日常の悩みを解消しましょう

子供の反抗期は「精神のメンテナンス中」と考えよう

f:id:slimwaistman:20191116172856j:plain

子供の反抗期に悩まされるお母さんに、子供の頃に反抗期だった私が反抗期だった頃の精神状態やこう対処すればOKということを話していこうかと思います。

 

話しかけても無視をされたり

「いただきます」「ごちそうさま」「行ってきます」

など言わなくなったり、些細なことで暴言吐いたり大変ですからね。

 

どうせ反抗期だからっていつか治るとはわかっていても、何を言っても暴言を吐かれたり、物に当たったり・・・どうすればいいかわからないと思っている人へ少しでも気持ちが楽になる様に対処法や考え方が参考になればと思います。

 

 

 

 

 

1.「反抗期とは子供の精神のメンテナンス中」

 

そもそも反抗期とはどういう精神状態なのか?

 

精神発達の過程で親などの人の指示や言葉に対して拒否、抵抗、反抗的な態度をとってしまう期間です。

 

つまりこの反抗期の間は精神状態が不安定なんです。

 

スマホゲームをやらない方にはわからないかもしれませんが、

スマホゲームにお例えるとゲームが急にバグで不具合が起こり正常に動作ができない状態で、ゲームの運営が問題解決のため、より良くゲームをプレイしてもらうために改善をする様な感じです。

 

「メンテナンス中のためしばらくお待ちください。」

みたいな状態です。

この状態だといかなる操作も受け付けないので何をしてもゲームをプレイできませんよね?

 

しばらくすると正常にプレイできますよね?

それと同じです。

 

子供の反抗期は精神がバグで不具合を起こしていて、それのメンテナンス中なのでメンテナンスが終わるまで余計なことはせずに待てばいいんです。

 

暴言や物に当たったりするのも不具合なので仕方ないのです。

 

『子供の反抗期=メンテナンス中』

と思いましょう。

 

 

 2.「暴力や暴言はダメ」

 

反抗期の子供には何を言っても反抗されるから頭を叩いたりビンタなどの暴力や「ボケ!」「この家から出て行け、二度と帰って来るな!」みたいな暴言で従えようとするのは逆効果です。

 

暴力を受けたことにより親に憎しみを抱く様になり今後の関係性に影響が及びます。

 

そして暴力を受けたことにより、今後その子供が大人になって子供ができて反抗期になった際、暴力でしつけられた経験から

「暴力でしつければいいんだ」

と考えてしまうからです。

 

下手すれば子供に反抗させないために小さい頃から暴力や暴言で子供をしつけてしまいかねないです。

 

 

3.「どんな要件だろうと話しかけられることがウザい」

 

反抗期の子供はとにかく親に

「構って欲しくない、話しかけないでくれ」

と思っています。

 

子供への愛情だったり家族の会話がないのは嫌だとか言ってスキンシップ取ろうとしたところで反抗期の子供には迷惑なんです。

 

構わないで放っておいてほしい、話しかけるな!というマインドなので話しかけることがかなりのストレスを与えてしまい、話しかければ話しかけるほど親への嫌悪感が増すだけです。

 

特に反抗期の子供に対して家族とお出かけはNGです。

友達に親といるところを見られるのが恥ずかしいからです。

親が恥ずかしくないと思っていても子供が恥ずかしいと思っているんだからマジでやめましょう。

私もこれに関しては本気で嫌でしたから。

 

「行ってらっしゃい」

「おかえり」

など挨拶の言葉もウザがられます。

とにかく無視してもらいたいんです。

 

 

「なんで無視するの!」

「なんでそんな態度とるの!」

なんて言ったところで

「鬱陶しんだよ!」

「放っておいてよ!」

 

って言うだけでさらにイライラさせるだけです。

だって反抗期だから。

 

別に非行に走ったわけではないのだからそんない重大に考え込む必要はないですよ。

 

 

4.「基本的に言葉は響かない」

 

反抗期の子供を改心させるために心に響く様な言葉をかけてもほとんどの子は響かないです。

・・・まずそんなことしなくても所詮反抗期なのでほっとけば治りますので。

 

反抗期なので何を言われてもそれに対して反抗してしまうからです。

"右から左へ受け流す"のではなくて

"右から右へ弾き返す"んです。

 

言葉のやり取りがまともにできません。

 

 

何を言ったとしても

「うるさい!」

「黙れ!」

しか言いません。

 

『言葉が耳に入ったら口から「うるさい!」「黙れ!」などの暴言を反射的に発する』

という症状だからです。

 

だからどれだけ心に響くことがを言っても中身が届く前に反射されてしまうので意味がないんです。

 

先ほども言いましたがとにかく話しかけられることがウザいんです。

 

 

5.「非行に走ったわけではない、所詮は陰キャラ」

 

普段の日常生活や今までの生活で悪い友達と付き合っていなかったり非行行為などがなかったのなら何も恐れることはありません。

こともが非行なら日頃から学校にもいかず、停学になったり、中退したり、数々の非行行為を繰り返して常に迷惑ばかりかけているはず。

 

普段ちゃんと真面目に学校に通っていて問題行為がないなら問題ないです。

所詮陰キャラなので。

陰キャラが暴れているだけです。

 

所詮陰キャラが普段学校で不良ぶって暴れたり先生に反抗して暴言吐いたりできないから親に当たっているだけ。・・・ぐらいに思っておきましょう。

普段学校でイキれない陰キャラの子供をちょっとでも不良の気分を味あわさせてあげましょう。

 

実際私も反抗期だった頃不良ではなかったので学校ではそんなことできないので家でしかそういうことができなかったんです。

 

学校では不良やギャルが一番身分の高い生徒ですからね。

スクールカーストってやつです。

ただし学生の間だけですけどね。

 

 

6.「気遣いや心配は不要」

 

親は子供の心配をしたり子供のことを考えたことをします。

しかし、たとえ子供のためを思ってやったことでも

反抗期の子供からすれば

 

「余計なことするな!」

と思っています。

 

とにかく親に

「想われている」

ことが嫌なんです。

 

いつまでも子供扱いされたくないし、何より親に心配されることが何よりも嫌っています。

 

 親は子供のことがいつまでたっても心配なものですが子供が心配されたくないと思っているのだから、心配しているという態度を子供に出さない様にしましょう。

 

「心配したんだよ」

は禁句です。

 

心配は心の中でしておきましょう。

そして余計な気遣いは不要です。

 

 子供に気遣いや心配をするほど反抗期の子供はそれが恥ずかしいんです。

 

 

反抗期の子供で厄介なのが基本的に遊びに行く際も帰りが遅くなるときや、友達の家に泊まることになっても親に連絡はしません。

だからなかなか家に帰ってこなかったら何回も電話やメールをするでしょう。

親から連絡しないと教えてくれません。

 

反抗期の子供からすれば親に連絡をするのも連絡が来るのもウザいと思っているので困ったものです。

 

もし何か本当にトラブルに巻き込まれているかもしれないこともあるから、無視をするというわけにはいかないので事前に例えばですけど

 

(例)

「何時までに帰ってこなかったら捜索願いを出すからね」

「されたくなかったら友達の家に泊まったり、帰るのが遅くなるのならちゃんと連絡してね、いちいちメールや電話を何回もされたくないでしょ?」

 

 

みたいに絶対に子供の方から連絡をしてくる様な構図を作っておけたら気が楽です。

いつまでも心配して心が疲弊しなくて済みます。

 

だっていくら話しかけられるのがウザいからって、これはちゃんと連絡しなかったら何も起きてないのに捜索願いを出されて警察に迷惑をかけてさらに、自分が恥ずかしい思いをするだけなんですから。

 

 

 

 

7.「 旦那は頼りにならない」

 

旦那さんに頼ってもほぼ無意味です。

それはめんどくさいことに関わらせないでほしいからです。

 

日々の仕事で疲れているのでそんな余裕もないし、どうせ反抗期なんだから治ると思っているので協力的ではありません。

 

なんなら子供側につきます。

子供を敵に回して嫌われたくないからです。

 

 

 8.「仕事や家事に専念しよう」

 

子供の精神がバグを起こしているので話が通じたり通じなかったり突然物に当たったり本当に不安定なので、バグのメンテナンスが終わるまで自分のやるべきことに専念しましょう。

 

特にシングルマザーだと仕事に子供のことや家のことでいっぱいいっぱいです。

子供が反抗期だと相当メンタルが病むと思います。

 

先ほども言った通り反抗期の子供はバグで精神が不安定なのでメンテナンスで治るのを待つしかなく、どうせ構って欲しくないと思われているので仕事や家事に専念できると思った方が気が楽かと思います。

 

子供の精神のメンテナンスが終わるまでそもメンテナンスを見守っておくのが一番です。