〜Relieving Your Stress〜

人間関係の悩み、ブラック企業を抜け出す方法、孤独や生活などの日常の悩みを解消しましょう

サービス業のメリット・デメリット

f:id:slimwaistman:20190416154826j:plain

これから就職活動や転職活動しようと思っていつ人たちへ

将来就職するのに会社に就職して後悔しないためにサービス業に就いていたことがある私がサービス業という職種についてメリット・デメリットを紹介します。

サービスの仕事をするならこれらのメリット・デメリットを良く理解したうえでその仕事に就きましょう。
 

『デメリット』

 

1.「年間休日が少なく、連休を取るのは不可能」

 

普通の会社なら年間休日は110日ぐらいですがサービス業は90日も無いです。

サービス業は休日・GW・お盆・年末年始こそ仕事をしていないといけないのでまとまった休みは取れません。世間は10連休でもこちらのシフトは

休・休・勤務・勤務・勤務・休・休・勤務・休・勤務のような感じです。

なので友人、家族で長期の旅行なんてまず行けません。

 

私は大型連休に休みたいから転職したぐらいですよ。

サービス業に就いている限り永遠に大型連休休めないと考えたら絶望しかありませんでした。

 

2.「人間が嫌いになる」

 

お客さんは定員さんに対して大柄な態度の人が多いです。

くだらないイチャモンをつけられたり理不尽なお願いをされたりもします。お客さんはこちらの希望は何でも通る、何でもやってくれるのが当たり前だと思っています。

サービス業という仕事上こちらはあまり強く出れない。( クレームなどが怖い為 )

私はだんだん人の悪いところばかり見るようになってしまって人間が嫌いになりそうでした。

 

3.「従業員よりお客様第一」

 

サービス業は従業員よりお客様を第一に考える業界です。

 会社がお客様のため、より良いサービスを提供するため店舗の営業時間を拡大をしたり今までお客さんが自分でやっておたことをこちらがやるようになる等、お客さんにとっては便利でいいかもしれませんが、従業員からすればただ負担が増えるだけです。

 

人が足りていないのに新しい店舗を作ったり新しい常駐先を契約します。

特に飲食やコンビニなどは年中無休で24時間営業がほとんどです。

人手不足や過労の問題で従業員が苦しくても本社はとにかくお客様第一なのでお客様のために働け!

というスタンスなのでまずまともに休めません。

特に店長クラスになると6年間一度も休めないなんてこともあります。

 

さらには年末年始の31日〜2日は元々休みのはずだったのに社長が「年末年始も仕事しよう」とか言い出します。

ほぼ人生詰んだようなものです。

 

4.「クレームは絶対になくならない」

 

サービス業である以上永遠にクレームと付き合っていくことになります。

何かといちゃもんをつけてくる人たちが大勢います。

申し訳ないが世の中にはいろんな考えを持った人がいます。

みんな同じ考えではありません。

 

クレームの対策をしたところでそれに不満を持つ人が現れさらにクレームになります。

それを改善してもさらに誰かが粗探しをしてクレームをつけてきます。

全ての人間を納得させるのはほぼ不可能です。

とにかくいちゃもんをつけまくるクレーマーがいるのでもうクレームから逃げることができません。

永遠にクレームに悩まされないといけません。

 

5.「立ちっぱなし」

 

アパレル、飲食、警備などは立っている時間が長いので慣れればそんなに苦では無いですが慣れないうちは足が痛いです。

特に警備に多いことですが、8時間座れない、トイレにもいけないなんてざらにありますよ。

 

6.「急に休みにくい」

 

普通の会社なら1日休んだ程度では出勤している人たちでうまいこと回せば仕事は回りますが

サービス業はローテーション制の仕事のため自分が熱などで休んでしまうとその日休みの人が出ないといけません。

せっかく休日の気分だったのに出勤しないといけないとか思われるので普通の会社より急に休むのが申し訳なく思ってしまいます。

 

最悪その日休みの人と誰も連絡が取れなくて急遽出勤してくれる人がいなかった場合、猛烈に具合が悪くてもなんとか出勤しないといけません。

これは本当に辛かったです。

 

 

 

『 メリット』

 

1.「平日に休める」

 

シフト制の勤務なので平日に休みがあります。平日休みは普通の会社員や学生は会社か学校に居ますので外出の際は空いている事が多いです。土日とは違った休日の過ごし方ができます。

平日に休めるということは転職活動がしやすいです。平日休みの間に面接を受けに行くことができます。

私はこの平日休みを利用して面接に行きました。

 

2.「交代制の勤務なので決まった時間に帰りやすい」

 

会社員みたいに残業などで何時に帰れるか分からないこともなく、決まった時間に帰れるので仕事が終わった後にデートだったり、お店を予約したり予定を組みやすいです。

ただし今日出勤予定の人が急遽休まれるとなると代わりにその人の分も勤務しなければならないこともあり、拘束時間が長くなることもあります。

 

 3.「休みを代わってもらえる」

 

ローテーション勤務なので、この日に好きなアーティストのライブがある等事前に職場に言っておけば休みを変えてもらえたりもして融通は効きやすいです。

 これは普通の会社にはない休みかたですね。

この日絶対休みたいと事前に伝えておけばライブとか行きやすいです。

 

『まとめ』

 

総合的にみるとサービス業の仕事をするのはお勧めできません。

何より休みがないことですね。

「とにかく休みたい」「GW・お盆・年末年始に仕事なんかやってられない」という方はサービス業はオススメしません。

向いている方は「人と接するのが好きな人」「GW・お盆・年末年始も仕事したい人」です。