〜Relieving' Your Stress〜

人間関係の悩み、ブラック企業を抜け出す方法、孤独や生活などの日常の悩みを解消しましょう

サービス業のメリット・デメリット

 

f:id:slimwaistman:20190416154826j:plain

将来就職するのに会社に就職して後悔しないためにサービス業に就いていたことがある私がサービス業という職種についてメリット・デメリットを紹介します。
 

『デメリット』

 

1.「年間休日が少なく、連休を取るのは不可能」

・普通の会社なら年間休日は110日ぐらいですがサービス業は90日も無いです。

・サービス業は休日・GW・お盆・年末年始こそ仕事をしていないといけないのでまとまった休みは取れません。世間は10連休でもこちらのシフトは

休・休・勤務・勤務・勤務・休・休・勤務・休・勤務のような感じです。

なので友人、家族で長期の旅行なんてまず行けません。

 

2.「人間が嫌いになる」

・お客さんは定員さんに対して大柄な態度の人が多いです。

・くだらないイチャモンをつけられたり理不尽なお願いをされたりもします。お客さんはこちらの希望は何でも通る、何でもやってくれるのが当たり前だと思っています。

・サービス業という仕事上こちらはあまり強く出れない。( クレームなどが怖い為 )

・私はだんだん人の悪いところばかり見るようになってしまって人間が嫌いになりそうでした。

 

3.「会社が余計なサービスを提供し過ぎる」

 ・会社がお客様のため、より良いサービスを提供するため店舗の営業時間を拡大をしたり今までお客さんが自分でやっておたことをこちらがやるようになる等、お客さんにとっては便利でいいかもしれませんが、従業員からすればただ負担が増えるだけです。

・年末年始の31日〜2日は元々休みのはずだったのに社長が「年末年始も仕事しよう」とか言い出します。

 

4.「立ちっぱなし」

・アパレル、飲食、警備などは立っている時間が長いので慣れればそんなに苦では無いですが慣れないうちは足が痛いです。

 

 

 

 

『 メリット』

 

1.「平日に休める」

・シフト制の勤務なので平日に休みがあります。平日休みは普通の会社員や学生は会社か学校に居ますので外出の際は空いている事が多いです。土日とは違った休日の過ごし方ができます。

・平日に休めるということは転職活動がしやすいです。平日休みの間に面接を受けに行くことができます。

 

2.「交代制の勤務なので決まった時間に帰りやすい」

・会社員みたいに残業などで何時に帰れるか分からないこともなく、決まった時間に帰れるので仕事が終わった後にデートだったり、お店を予約したり予定を組みやすいです。

・ただし今日出勤予定の人が急遽休まれるとなると代わりにその人の分も勤務しなければならないこともあり、拘束時間が長くなることもあります。

 

 3.「休みを代わってもらえる」

・ローテーション勤務なので、この日に好きなアーティストのライブがある等事前に職場に言っておけば休みを変えてもらえたりもして融通は効きやすいです。

 

『まとめ』

・「とにかく休みたい」「GW・お盆・年末年始に仕事なんかやってられない」という方はサービス業はオススメしません。

・向いている方は「人と接するのが好きな人」「GW・お盆・年末年始も仕事したい人」です。