エアーズの人間観察

人間関係の悩み、仕事の悩み、ダイエットの悩み、孤独について考えています。

私がやっていた会社で仕事しながらできるダイエット法5つ

f:id:slimwaistman:20190411124853j:plain

どうしても会社で働いていると残業や休日出勤でなかなか運動する時間がありません。

なので会社で仕事をしながらダイエットすればいいのです。

普段から運動している人や、体系を維持している人は仕事中も常に意識して行動しています。

ではどのようなことをしているのか話していきます。

 


1.「なるべく階段を使う」

・普段からデスクに座りっぱなしの生活をしている人は少しでも自分の足腰、筋肉を使いようにしましょう。 エレベーターに頼っていると体を動かさないのだから筋肉も落ちて脂肪に変わり、食事した分が全てぜい肉となり、ボヨボヨのボディになるだけです。

・せめて1階〜2階に上がるくらいは階段を使いましょう。さすがに1階〜10階へ上がるのに階段で行くことはしなくていいです。(私はそこまでする気はないが4階までは階段を使っていました)

・体を動かし慣れていなくてずっと階段を使うのはしんどいという方は1日に5回エレベーターを使う機会があったとしたらそのうち1回だけ階段を使うとか、慣れてきたら少しづつ階段を使う回数を増やしていくようにしましょう。

 

2.「お茶入れ、書類のコピーや掃除など、雑用は自分でやる」

・ちょっとは体を動かしましょう。書類のコピーをお願いされた部下は心の中で

「なんで俺がやらなあかんねん💢それぐらいお前がやれやヴォケェェェ💢」と思っているかもしれません。

・私が長時間座っているのが苦痛に感じる人なので、結構椅子から離れて体を動かすキッカケをよく見つけてやっていました。

・長時間座っているとお尻が垂れてくるので女性の方は率先してやってみるのも良いかもしれません。

 

3.「背中をまっすぐ伸ばして姿勢良く座る」

・まず姿勢が悪いと猫背になり下っ腹が出た状態になります。長時間猫背の状態で座っているとこの形が定着してしまいぽっこりお腹になってしまいます。猫背は楽な姿勢なので筋肉をほとんど使っていないので脂肪が貯まるだけです。

・姿勢が悪いと腰痛の原因にもなり代謝も悪くなるのでせっかく体を動かしているのに下手すればただ体を痛めるだけになってしまいます。

・背筋を伸ばし姿勢を正すだけで筋肉を刺激し、代謝が上がります。代謝が上がると脂肪燃焼しやすい体になります。

・さらに普段座っていても姿勢を意識していれば、猫背が治り背筋がピンて伸びてスマートに見えます。

 

4.「早く歩く」

・早く歩くことは普通に歩くよりカロリーを消費でき、時間短縮にもなります。早く歩くように心がけていると自然に手が早くなり仕事が早くなります。

・さらに自然と上半身も使うので姿勢も良くなってきます。

・歩くのが早くて姿勢がいいとなんとなく仕事ができそうに見えます。例えが会社の入り口に立っている警備員さんが背中が曲がってて姿勢が悪い人より背筋がピンて伸びていて姿勢がいい方が安心感がありますよね。実際仕事ができる人は皆歩くのが早いですし、姿勢も良い、そして太っている人は少ないように思います。

 

 

 5.「休憩時間にお菓子は食べない」

・お菓子が目の前にあったら食べてしまいますよね。ダイエット中でも「1個だけ」と思いつつも知らない間に10個ぐらい食べてしまっているものです。

・お菓子は一口でも食べてしまうともう止まりません。なのでもう食べるのはやめましょう。

・私は小学校のころ毎日のようにお菓子が食べたくてボリボリ食べていて肥満体型でしたが「太りたくない」と思った瞬間にお菓子を食べるのをやめました。自然と「お菓子を食べたい」という欲がなくなりました。

・たまにお菓子が食べたくなることがありますがガムかミンティア、フリスクを口に入れるようにしています。口臭予防にもなります。

 

 6.「最後に」

・仕事しながらなので出来ることは小さなことですがスタイルがいい人は皆、そういうところから意識していると思います。普段仕事が忙しくて帰るのも夜遅くてランニングやジムに行きたいけど行けない方は下記⬇︎の方法と組み合わせるとOKです。

 
www.drslimman.com