エアーズの人間観察

人間関係の悩み、仕事の悩み、ダイエットの悩み、孤独について考えています。

エクササイズやマッサージはやらないで下半身ダイエット〜太い脚を細くする習慣

f:id:slimwaistman:20190505093715j:plain

下半身に悩みを抱えている方は多いはず。特に太ももやふきらはぎが太くて気になっている方だと思います。「デニムが履けなくなった」「ベルトが閉められない」などよくあることだと思います。

何とか下半身をスッキリさせてファッションを楽しみたいですね。

脚が細いとスタイルが良く見えますからね。

 

ではこれから私が実際に普段から続けている習慣・方法を伝えます。

ただし、ネット上には太い脚を細くするエクササイズ、マッサージなどの方法がありますが私はこれらの方法はお伝えしません。なぜならこのようなことは一切していないからです。

リンパマッサージで脚を細くするとありますが、マッサージによって脚に溜まっているリンパ液や水分を心臓の方に戻しているだけなので、時間が経てば元に戻ります。

マッサージによって一時的にむくみが解消されて細くなっているだけでこれで脚が痩せたということにはなっていません。

 

ほとんどのダイエットに言えることですが1週間、2週間で効果が現れるわけではないので結果を早く求めないようにしましょう。

 

1.「自分の足で歩くようにする」

 

まずできるだけ歩くようにしましょう。自分の力で歩いて筋肉を鍛え脂肪を燃焼させましょう。

マンションや駅の構内、会社・学校(大学)ではなるべくエレベーターは使わず、階段を使うようにします。道を歩いていて交差点を渡る時も歩道橋があれば、あえて歩道橋で渡ったりします。

階段を登る際足を上げる動作で太ももが鍛えられます。筋肉が増えることによりたるんだお肉が引き締められスッキリします。

 

通勤・通学でもわざとバスを早めに降りて歩いていくこともオススメです。歩いているだけでも運動になっているんです。日々下半身を使うことによって余計な脂肪が落ちていきスッキリしたフォルムになります。

 

私は他にも飲みに行ったとき、翌日が休みの日にしかやらないんですけど、飲み会が終わり帰る際にみんなは電車やタクシーで帰りますが、私はわざと歩いて帰ったりもしていました。電車賃やタクシー代をケチる目的でもあったんですけど。

 

このように様々な場面で歩く機会があるので試してみてください。

ただし、スクワットなどの軽い筋トレもいいのですが筋トレをし過ぎてしまうと逆に筋肉で脚が太くなってしまいます。

 

 

 

2.「自転車通勤・通学」

 

普段はバスで通勤・通学しているが、頑張ったら自転車で行けそうな距離なら自転車通勤をするようにします。あまりに距離が遠いようならやめておいた方がいいです。しんど過ぎて会社・学校に着いた頃にはクタクタです。

私は初めはバスで通勤していたのですが運動のため自転車通勤に変えました。会社までの距離は7キロぐらいでした。これは普通で考えれば結構遠い距離なので5キロ以内の距離なら自転車通勤をしてもいいんじゃないかと思います。

自転車を漕ぐことで「ふともと」「お尻」「腰」「ふくらはぎ」が鍛えられます。

 

ただし夏場は距離が遠いと自転車通勤は結構しんどいです・会社・学校に着いた頃には汗だくになっている可能性もあり、冬場に路上が凍結していて 危ない時もあるので「運動・ダイエットの為」とか考えないで無理して自転車を漕ぐようなことはやめましょう。

 

 3.「ランニング」

 

これはダイエットの定番ですね。ランニングは全身運動なので言葉通り全身にダイエット効果があります。

 

ランニングはゆっくりのペースで走ります。人と会話をしながら走れるぐらいのペースです。最低30分走るようにしましょう。

長時間かけて行う負荷が軽い運動が、体内の糖質や脂肪をエネルギー源として消費するため脂肪燃焼効果があります。

普段仕事をしている方はあまりできないと思いますが気にしなくて大丈夫です。

私はたまたま仕事が早く終わって帰れて時間に余裕があるときにだけランニングしています。時間がないのに無理して走らなくてもいいです。

 

運動することに慣れていなくて走るのがしんどくてすぐにバテてしまうという方は最初はそれでいいんです。私も最初は2キロでバテていましたが、徐々に体力がついて長い距離走れるようになります。

私は本格的なマラソンランナーみたいに20キロや30キロも走れませんが、12キロぐらいまで走れるようになりました。

ダイエットで20キロや30キロも走る必要ないのですが・・・

 

 4.「お菓子やコンビニ弁当・菓子パンは食べない」

 

私の経験上、お菓子やコンビニ弁当は糖質・脂質が多くたとえ食べる量を抑えていても、みるみる脂肪が蓄えられていきます。

脂肪は人間の内臓を守るため、お腹や太ももにつきやすくなっています。なので余計な脂肪はつけないようにします。

私は一時期、ニートで運動もせず、コンビニの弁当や菓子パンばかり食べていた時期がありお腹や太ももを中心ににお肉が溜まってしまいました。

 以外に野菜メインのサンドイッチでも高カロリーのドレッシングが掛かっていたりして脂質が高いので注意しましょう。

 

 5.「最後に」

 

 私はこれぐらいしかやっていません。ダイエットには結局運動が一番だと思っています。足腰を鍛えている方が歳を重ねても足腰が鍛えられているので歩くのがしんどくないですし、運動で汗をかいている方が健康的でたまにランニングするとすごくいい気分転換にもなってリフレッシュもできるので私はダイエットにはなるべく自分の体を動かすことを進めています。