〜Relieving' Your Stress〜

人間関係の悩み、ブラック企業を抜け出す方法、孤独や生活などの日常の悩みを解消しましょう

仕事

会社の飲み会に参加しても意味はない【時間の無駄です】

特に新入社員や、若い世代の方にとって、会社の飲み会が嫌いで行きたくない人もいるでしょう。 「時間の無駄」「お金をドブに捨てる行為」「会社以外で職場の人間と会いたくない」などの理由が多いと思います。 会社の飲み会に「参加するべき」 という人はこ…

人の入れ替わりが激しい会社で働くデメリット6つ

皆さんはどの様な会社で働いていますか? ブラック企業ばかりだと話題になっており、長時間残業や休日出勤が当たり前だったり、人が立て続けに辞めていったり、辞めては新しい人が入り入れ替わりが激しかったりさまざまです。 「この会社人の入れ替わりが激…

社員旅行や会社行事の飲み会に二度と参加しないで済む2つの方法

勤めている会社によっては社員旅行と会社行事での飲み会や花見など季節ごとに何か行事がありますね。 正直何も楽しみじゃないですよね。 話すことないし、つまらないノリに合わせたくもないし。 せっかくの休日がこれで潰れてしまいますからね。 本気で行き…

【会社を休むべき】体調不良でも無理して仕事をしてはいけない理由6つ

体調が悪い日ってありますよね。 高熱だったり、吐き気やめまいがしたり・・・ 会社休みたいと思うけど休めませんよね? だってこんなことで会社を休むなんて 「根性がない・甘え」 「社会人としての自覚が足りない」 「体調管理ができないなんて社会人失格…

【出世しない方がいい?】平社員で得していること3つと覚悟しないといけないこと

皆さんは会社ではどのポジションにいるでしょうか? いつまでも平社員のままで給料も上がらなかったりする人。 同期よりも早く出世して一歩リードしている人。 昇任して給料が増えた人。 様々だと思います。 平社員と呼ばれる人たちはいわば下っ端の位置にい…

合わない・向いていないと感じている仕事を3年間続けた結果・・・

私は転職で職人系の会社に就職しました。 今まで事務やサービス系の仕事だったので職人の世界は初めてだったんです。 最初は補助作業的なことしかやらせてもらえなかったのですが3ヶ月目ぐらいからメインの仕事をやらせてもらえるようになりました。 しかし…

体調不良で会社を休むのは社会人として常識ですよ

誰だって体調が悪い時はあります。 風邪をひいて熱が出ることもあります。 熱が出て体がしんどい、激しい頭痛や吐き気がある。 こんな時は会社を休むべきなのか?休んではいけないのか? 中には休む人と休まない人がいます。 体調不良でも会社に行くべき。休…

残業を減らして早く帰るためにやるべきこと・やめるべきこと

会社に勤めていれば必ずと言っていいほど「残業」がありますね。 大抵の会社はブラック企業かそれに近い会社なので残業は避けて通れないです。 その上、会社の人間はみんな「残業嫌だ」と言いながら何も行動していません。 「残業嫌だ」と思っているだけでは…

【職場】人と行動しているといつまでたっても早く帰れません

いつも残業で会社を出るのが遅い・・・家に帰ると夜中12時回っている・・・ 毎日毎日残業ばかりで少しでも早く帰りたいですよね。 実は残業以外の余計なことで帰るのが30分〜1時間も帰るのが遅くなっているかもしれません。 それは誰かに付いて行ったり…

【過酷】体を動かすのが好きという安易な理由で肉体労働はしない方がいい

就職活動や転職活動で「一日中デスクに座って仕事するのは無理!体を動かすのが好きだし体を動かせる仕事がいいな」「俺は体力に自信がある!」と思って肉体労働のような体力仕事に就こうと思っている人がいると思いますが、言っておきます。 「思っている以…

ゆとり世代と昭和世代の仕事に対する考え方の違い

テレビを見るとゆとり世代がどうだとか昭和世代がどうだとか言っていますね。お互いを批判し合ったり討論する番組も見たことがあります。 私はゆとり世代なのですがどちらかというと「ゆとり派」の考えなんですけど私がゆとり世代と昭和世代について思うこと…

サービス業のメリット・デメリット

将来就職するのに会社に就職して後悔しないためにサービス業に就いていたことがある私がサービス業という職種についてメリット・デメリットを紹介します。 『デメリット』 1.「年間休日が少なく、連休を取るのは不可能」 ・普通の会社なら年間休日は110日ぐ…

自動車整備工場の過酷さ

車をイジるのが好きだから将来は車の整備士になりたいと思っている人もいると思います。最初に行っておきます。 絶対に後悔します。 1.「超・長時間労働」 ・当たりの工場ではそこまで長時間労働がない所ありますがハズレの工場では特に現場の人間は毎日帰…